セキスイハイム 和室 家・間取り 注文住宅

セキスイハイムの和室の位置&おすすめの「入り方」ダブルアクセス

 

 

はじめに

家を新築する際に和室を作ることに決めたものの、家のどこに和室を作るか悩むことがあります。

和室は設置する場所によって使い方や格が変わってきますから、この記事を読んで検討してみてください。

 

 

畳が敷いてあれば、和室でしょうか?

具体的な和室の説明をする前に1冊本の紹介をしようと思います。

増田奏著『住まいの解剖図鑑』からの引用です。

 

畳が敷いてあれば、和室でしょうか?

和室といえば、ほとんどの人が畳の部屋を思い浮かべます。

けれど、畳の敷いてある部屋がすべて和室かといえば、必ずしもそうではありません。

たとえば柔道場には畳が敷いてありますが、あれは和室でしょうか。

激しい稽古に耐え得る床材としていまだに畳が用いられているのか、それとも礼節を重んじる神聖な場として畳が必要なのか。

いずれにしろ和室と呼ぶには違和感があります。

「やはり和室がないとどうにも格好がつかないなあ」「ひと部屋くらい畳の部屋がないとまずいんじやない? 」。

設計段階で必ず話題にのぼる「和室問題」ですが、和室という言葉から思い浮かべるイメージは人それぞれです。

生活習慣まで含めた伝統的様式としての和室なのか、単に皮膚感覚として畳の肌触りがほしいのか。

まずは、そのあたりからハッキリさせておきましょう。

 

和室のイメージは人それぞれ

和室に何を求めています?

これから家を建てようという建て主さんから、「和室は絶対に必要です」「ひと部屋くらい和室がないと…」と言われたら、あなたはまず、それが何をイメージした「和室」なのかを問いたださなければなりません。ほしいのは、格式なのか? 雰囲気なのか?畳なのか?

 

「入り方」で和室の性格も変わる

和室に格式や様式美を求めるなら、数々の約束事や伝統的意匠について検討しなければなりません。

ただ、そうしたウンチクに振り回される前に、もっと大切なことを考えてください。

「どうやって和室に入るか」です。

完全な和風住宅でない限り、現代住宅の和室は洋室のなかに組み込まれるパターンが多くなります。

そのとき、「和室へのアクセス方法」は、和室の性格を決定づける大きな要因になるのです。

 

シングルアクセス

たとえば、和室とリビングを隣同士に配置して、居間を通らなければ和室に入れないようなプランは「シングルアクセス」となります。

リビングの延長として畳の部屋を設けました。

建て主さんはゴロ寝ができる畳を要望していました。

 

 

ダブルアクセス

玄関からも直接アクセスできるようなプランは、和室の性格をよりフォーマルなものに変えます。

お客様は、生活の中心地であるリビングを通らなくても、和室に直接入れるのです。

玄関から直接入れる少しフォーマルな和室です。

ここは、主に「ザシキ」として利用されています。

 

魅惑のダブルアクセスができる和室

これは子供が独立した60歳の夫婦2人が暮らすことを想定して書いた89.43㎡の平屋住宅です。

まず、和室への入口を玄関横にしたため、お客さんが玄関から仏間のある和室に直接入れるようになっています。

この家に住む夫婦2人はもちろん玄関からも入れますし、リビングからも入ることが可能です。

このように和室への入り方が2方向あるものをダブルアクセスと呼びます。

ちなみに和室とリビングの間は3尺(910mm)×3枚の片引戸になっており、普段は9尺(2730mm)の開口になっています。引戸の高さは1.8mとしており、和室側から見ると純和風の襖に見え、リビング側から見るとリビングのクロスと同じ模様の洋風引戸に見えるようにしてあります。

お客さんが来たときは和室とリビングの間の襖をしめておくことで、プライベートな空間は見せないでおくことも可能です。

部屋の高さは和室を2.4m、リビングを2.5mとしており、和室の天井高を10cm低くすることにより、落ち着ける雰囲気を作れるようにしてあります。

 

リビングとダイニングの間は3尺(910mm)×3枚の片引戸になっており、引戸の高さは2.3mと高さがあるものにしてあるので、開け放つとリビングとダイニングキッチンが一体的に使える開放感のあるデザインとしました。

 

また、家の中の建具(ドア)は全て引戸にしたので、閉めておく、半分開けておく、全部開けておくなどの使い方ができますし、ドアに比べて開閉に要するスペースが不要なことから、家の面積をフル活用することができます。

引戸の詳細については当ブログ記事『トイレのドアは引き戸?住宅の扉の種類』をご覧ください。

 

トイレの広さについては4.5尺(1365mm)×1間(1820mm)とし、余裕のあるスペースとしました。

トイレの広さの詳細については当ブログ記事『トイレの広さ1畳だと狭い?寸法と配置』をご覧ください。

 

我が家の事例

我が家の和室は1階と2階に設置してあり、1階はお客さんを通せる和風な和室、2階はセカンドリビングとして使用している洋風な和室です。

 

1階和室のオレンジの丸の部分に神棚があり、黄色い丸の部分に仏壇があります。

お彼岸やお盆に親戚が仏壇に手を合わせに来てくれたときには、玄関からリビングを通って和室に行くことになります。

和室の出入りは北側、東側、南側の3か所にありますが、玄関から直接入れるわけではないので、ダブルアクセスとは言えないと思います。

他の記事でも書きましたが、我が家の間取り図は僕が三スケ(三角スケール)を使って自分で書いたものですが、和室の位置は当初は玄関から直接入れるものにしようかとも思っていました。

しかし、1年365日のうち、お客さんが仏壇に手を合わせに来る回数など数える程しかありませんし、最近はお客さんが来ても和室に正座ではなく、ソファにゆっくり座るスタイルが多くなってきたので、ダブルアクセスのデザインは辞めた経緯があります。

 

その代わり、リビングとつなげることにより、和室、リビング、ダイニング、サンルームを一体的に使用できる大空間を作ったのです。

LDKの大空間についての詳細は当ブログ記事『セキスイハイムLDK間仕切壁のない広い大空間リビング・ダイニング・キッチン』をご覧ください。

 

また、洗濯物を干しているサンルームの隣に和室を設置したことにより、取り込んだ洗濯物を和室で座ってたためるのも妻には好評です。

洗濯の家事楽動線の詳細については当ブログ記事『家事ラク動線☆洗濯機と物干し場を近づける方法』をご覧ください。

 

まとめ

まず、最初に書籍の引用をして和室の「入り方」によって、和室の性格が変わってくるという話をしました。

 

次に僕がデザインしたダブルアクセスのできる和室のある家を紹介しました。

 

最後に我が家の事例をあげながら、入口は複数あるものの本来的なダブルアクセスではないこと、和室にお客さんが直接入る回数は年間数える程しかないという話をしました。

 

ダブルアクセスにこだわるあまり、日常生活における和室が使用されなくなったり、使用しづらくなってしまっては和室がもったいないです。

和室をお客さんが来たときだけ使用することにすると、その空間が無駄になってしまいます。

ダブルアクセスならまだしも、玄関から入れるシングルアクセスにすると普段はまったく使わない部屋にもなりかねません。

和室を作る際には、お客さんも大切ですが、普段そこに住む人々の利便も考えて和室を作る必要があるように思えます。

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

\この記事はどうでしたか?/

この記事は私が書きました

この記事は「失敗しない理想の家づくり」管理人のHALが企画・執筆をした完全オリジナル記事です。

 

HALプロフィール

2016年にセキスイハイムで60坪の注文住宅を建てる際に、価格交渉で1100万円以上の値引きに成功しました。

これからセキスイハイムで家を建てる方に『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法』などをお伝えします。

 また、間取り・不動産登記・固定資産税・住宅設備など幅広い知識を基に住宅に関する様々な情報をお伝えします。

 保有資格:宅地建物取引士

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

 

\この記事はどうでしたか?/

-セキスイハイム, 和室, 家・間取り, 注文住宅
-, ,

© 2020 HALの『失敗しない理想の家づくり』