セキスイハイム 和室 家・間取り 注文住宅

セキスイハイム新築注文住宅の和室におすすめの壁紙・天井・畳とは?

 

 

はじめに

家を新築する際に和室を作るかどうかは検討するポイントのひとつでしょう。

最近の家では和室がない家もありますが、我が家では和室は絶対に欲しいと思っていましたので、和室を作りました。

この記事では和室について壁紙、天井、床の間等に触れながら解説をしたいと思います。

 

 

和室の説明

セキスイハイムの和室

セキスイハイムをはじめとする軽量鉄骨住宅においては、和室はおまけのように考えられがちです。

何しろ躯体が軽量鉄骨ですから、柱や木で作る造作の長押(なげし)、鴨居(かもい)、目透かし天井等がない家を想像しがちです。

上記写真はセキスイハイムの和室写真ですが、軽量鉄骨造であっても本格的な和室は作れます。ユニットは工場で作ってきますが、内部の施工は大工さんが行っているからです。

床の間、脇床、付書院などの造作も上記写真のようにできます。

とても軽量鉄骨造の家の和室とは思えません。

大工さんの作る家ではこのような本格的な和室を見ることはありますが、ハウスメーカーの和室でここまでの和室はなかなか見ません。

完成度もとても高いです。

 

和室の柱

和室を作る際に柱を真壁にするか大壁にするかという問題があります。

真壁とは見えている柱のことであり、大壁とは壁の中に隠れている柱のことです。

個人的な感想ですが、本格的な和室をつくるのであれば、真壁はかかせないと考えています。

真壁にする際には柱の太さも気にする必要があります。

3寸5分(10.5cm)だと少し細く感じますし、3寸(9cm)は細すぎます。

4寸(12cm)あれば十分な太さに感じますし、4寸5分(13.5cm)あれば立派です。

また、床柱(床の間の柱)については上記真壁よりも太くした方が格好いいです。

床柱は地域によっても違いがあるでしょうが、柱の材質によって家内安全や厄除けなど意味合いが変わってきます。

 

和室の壁紙(クロス)

和室の壁を京壁(昔ながらに土にすさ(藁や麻、紙などを細かくしたもの)を塗った壁)のような塗壁にするか、クロスにするかも悩むところです。

やはり格好いいのは京壁でしょう。

個人的な好みとすれば若葉色のような渋い黄緑が格好いいと思います。

ただ、京壁は格好いいのですが、大地震の際など家が大きく揺れる際に隅の方がかけてしまいやすいのが難点です。

 

最近は京壁風のクロスも販売されており、よほどのこだわりがない限り京壁風クロスでも良いのではないかと思います。

見た目も、触った際のザラザラとした土の感触も本物の京壁と見分けがつかない程の精巧さです。今まで100棟以上の京壁を見てきましたが、京壁風クロスは今でもパッと見では見分けがつきません。

 

和室の天井

和室らしさを決める要素とは何でしょうか。

畳はかかせないとして、京壁・砂壁等の塗壁、立派な柱、床の間、天井等色々とありますが、畳の次に和室らしさを決める要素は天井だと思っています。

木製の天井の種類には色々とありますが、代表的なものとして、目透かし天井、竿縁天井、格天井、船底天井等々があります。

詳細については当ブログ記事『新築住宅の和室は和風天井(目透かし天井・竿縁天井・格天井)にしよう』をご覧ください。

 

我が家の事例

我が家の和室は上記平面図の赤い線で囲った2箇所です。

1階を和風な和室、2階を洋風な和室にしました。

障子・建具

1階はこの写真のようなL字に障子と襖が開くようになっており、普段はリビングと一体的に使用しています。

平面図の緑の丸の部分はユニット結合部(セキスハイムはユニットを組み合わせいる)であり、太さは1尺(約300mm)程度あり、大黒柱のような存在感があります。

 

ところで、軽量鉄骨造の家であればともかく、木造住宅であまり幅の広い開口を作ると、長い年月をかけて障子の上の壁が少しずつ落ちてきて、障子が渋くなり開け閉めがし難くなります。

大きな地震などがあると顕著にそういった現象が現れやすく、そうなるとジャッキアップ等の補修が必要になります。

そういった事態を避けるためにも2間(3640mm)の開口の障子などは避けて真ん中の1間(1820mm)の箇所に柱を入れるなどした方が良いでしょう。

 

天井

1階は目透かし天井とし、2階は板風のクロスとしました。

詳細については当ブログ記事『新築住宅の和室は和風天井(目透かし天井・竿縁天井・格天井)にしよう』をご覧ください。

 

最近はいぐさの畳だけではなく、樹脂や和紙を使用したものなど種類も様々です。

また、いぐさを使用した畳も昔のように厚さがあるものは少なくなり、表面はいぐさを使用し、内部はスタイルフォーム(断熱材などに使用される)を用いた軽量の薄いタイプが多くなってきています。

我が家ではいぐさの畳ではなく、和紙を使用したものを施工しました。

樹脂の畳も手入れが簡単で良いのですが、夏場ショートパンツで座ったときに素肌が触れる箇所のベタっとする感覚がどうも苦手だったので、樹脂の畳は避けました。

その点、和紙を使用した畳は耐久性があり、水にも強く、素肌が触れてもべたべたしないのでお勧めです。

 

床の間

床の間はあってもなくても良いと思います。

もし、明確な用途がなければ作らない方が良いかもしれません。

用途が決まらないまま床の間を作ると、いずれその場所は物置になってしまうからです。

物置にするくらいなら最初から物置として作った方が絶対に使い勝手良いです。

我が家の床の間は将棋盤を置く前提にして設計していたので、将棋盤で床が傷つかいないように畳床にしました。ちなみに床柱は花梨です。

また、床の間に絵や掛け軸をかけるのであれば、スポットライトの設置をすると、このように光が当たります。

 

 

コラム

上記写真の絵は片岡鶴太郎さんの複製画「昇鯉図」です。

鯉の滝登りは、古くからの言い伝えで鯉が激流の滝を登りきった時、その姿は龍へと変わると言われ、この事から立身出世・家運隆盛をもたらしてくれる事で吉祥開運の絵とされています。

そういえば昔テレビ番組で細木数子が「昇鯉図」を家に飾ると良いと言っていたような気がします。

 

 

まとめ

まず、最初にセキスイハイムの施工写真を挙げながら、軽量鉄骨造の家でありながら本格的な和室を作ることができることを説明しました。

次に和室の要素として重要な壁、天井、柱について説明しました。

最後に我が家の事例を挙げながら、障子・襖などの建具、天井、畳、床の間の施工例について紹介をしました。

 

セキスイハイムで家を建てる場合でも作ろうと思えば、しっかりした和室を作ることはできますから、畳の部屋が好きならば是非和室のデザインにもこだわってみてください。

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

 

-セキスイハイム, 和室, 家・間取り, 注文住宅
-, ,

Copyright© 失敗しない理想の家づくり , 2020 All Rights Reserved.