セキスイハイム 注文住宅

セキスイハイムの『坪単価・値段・床面積・特徴』と値引き可能価格

 

 

はじめに

セキスイハイムの坪単価がいくらか知っていますか?

セキスイハイムの坪単価は約85万円ですが、この金額ですが実は安いって知っていました?

三井ホーム、住友林業、積水ハウス、大和ハウスなど大手9社の平均坪単価は約90万円からすると5万円も安いんです。

この記事ではセキスイハイムの坪単価・価格・床面積・特徴に加えて他社ハウスメーカーとの数字から見た比較をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

坪単価とは?

他のメーカーもそうですし、セキスイハイムについてもそうですが、坪単価を熟知することは非常に重要となっています。

坪単価を知ることで、注文住宅建築時での概算金額を把握することが可能となります。

坪単価とは、家を建てるときの1坪の値段のことです。

1坪とは畳2枚分となっており、面積としては約3.3㎡程度となっています。

概算における建築費のことであり、計算方法は「建物の本体価格÷延床面積」で算出することができます。

住宅を建築するにあたって、概算金額を算出する際に良く使われます。

一言で坪単価と表現しても、坪単価の計算方法や設備などに関連する部分など、どこまでの費用を含んで考えるかによって金額に乖離が生まれます。

そのため、単純に坪単価だけを確認してどこの住宅メーカーが高いと一概に判断するのは危険であると言えるでしょう。

坪単価とはあくまで「その商品のモデルプランの費用」、「すでに建てられた住宅の坪当たりの費用」を示す指標となっています。

坪単価を算出する諸条件によって、導き出される金額は大きく変わります。

チラシなどの広告に掲載されている想定価格や想定床面積を基準として算出したものであることから、実際に自分が建築する家の価格を正確に算出することは困難であると言えるでしょう。

しかし、坪単価は住宅を建築するうえで概算金額を把握するうえでは十分役に立てることができますので、本質を理解されたうえでご使用することをおすすめします。

 

ハウスメーカー坪単価ランキング

 

坪単価の他社比較については、次のとおりです。

このように、セキスイハイムにおいては各項目における平均値を大きく下回る結果となっています。

このデータについては、住宅産業新聞という業界新聞より抜粋しており、実際にハウスメーカーで家を建てた方を対象として算出している坪単価の統計となっていますので、「坪単価〇〇万円」と記載されたハウスメーカーの広告やハウスメーカーの営業マンが口頭で説明する坪単価の金額と比べると信憑性の高い数字であると言えるでしょう。

 

ハウスメーカーの坪単価トリック

前述しましたが、建物の坪単価とは一概に定義づけできるものではありません。

土地の坪単価については非常に単純明快で、購入金額を土地の面積で割れば正確な坪単価を算出することが可能です。

例えば、200㎡の土地であれば、3.3㎡(1坪の面積です。)で割れば約60坪となります。

その土地の購入金額が2,000万円だと2,000万円÷60坪となり約33万円となります。

これで、一坪あたり約33万円の土地であることが算出できます。

都市部や山間部などにより土地の相場価格が変わることから、購入検討場所の周辺地域の土地の値段を確認するとこにより、概算額については捉えることができますので、相場から大きく乖離した金額で購入させられることを未然に防ぐことができるでしょう。

しかし、建物となると話は違ってきます。

建物の坪単価の計算式においては、建物購入金額÷建坪数で1坪あたりの単価が算出できますが、ここにトリックがあるのです。

建坪数は大きければ、大きいほど坪単価は安価となり、購入金額は低ければ低いほど坪単価は安価となります。

作為的に、建坪数を大きく見せることを目的として、延べ床面積の他にバルコニーや玄関ポーチなどを含めて施工面積として算出して建坪で計算すると、作為的に坪単価を安く見せることが可能となります。

悪質なハウスメーカーとなると、施工に全く関係のない吹き抜け部分についても面積に入れることにより、床面積を大きく取るように数値操作をしているところもあります。

また、建物費用をできる限り抑えることにより坪単価が安価になることを考慮して、当初の見積もりには本体工事のみしか計算しないといった手法もあります。

また、登記費用やボーリングなどの地盤調査費用などの諸経費や、電力系・通信系・上下水道・都市ガスなどのライフライン系の引き込み工事など、直接的に建物そのものには関与しない費用を作為的に省略することにより、坪単価計算しているパターンもあります。

このように、坪単価が安いことをメリットとして前面に押し出すために、あらゆる手法を用いて坪単価を計算していることがあります。

くれぐれも、坪単価の計算根拠については確認をすることをお勧めします。

 

セキスイハイムの坪単価が安い理由

普段、街中で見られる住宅建築現場を見ていると、現場で職人さんがせっせと住宅を構築するための作業を進めている光景を見ることが多いですよね。

もちろん、現場での作業も発生しますのでそれを否定するわけではないのですが、問題点を挙げるとすると品質管理に関する点です。

現場で作業するということは、品質管理の良し悪しが、職人さんの腕次第と言っても過言ではありません。

職人さんの腕が良いと良い住宅になりますし、逆に職人さんの腕が悪いと品質が確保されていない住宅となってしまうのです。

工場で作業を行うということは、現場では使用できないような大型機械などを用いた大規模な施工が行われることとなります。

もちろん、職人さんに近い作業員の方が各プロセスにおいて管理してくれているのですが、現場作業ほど職人さんの技術に依存しきっていないことが重要なのです。

建設業界においては、若手を含めた人材確保が困難となっており、ベテランの職人さんより若手の職人さんに対して技術継承が適切に行うことができないのです。

技術継承が出来ないということは、品質の高い住宅の建築が難しいということに繋がります。

このように、建設業界そのものが負のスパイラルに陥っているのは非常に重要な問題であると言えます。

しかし、セキスイハイムでは工場で作業を行います。

今まで職人さんの腕によって確保されていた技術を機械が代用してくれている部分もあるのです。

このように、職人さんそのものの技術がベテラン職人さんのレベルに達していない場合においても、住宅建築に関する品質が確保されていると言えるでしょう。

また、セキスイハイムでは住宅に関する大部分を工場生産することにより品質を確保しているのです。

屋外での作業となると、新築後は雨風にさらされることにない部分についても、外気に晒されているということです。

建築途中において屋外で風雨に晒されているということは、それだけ部材の劣化や歪みを誘発することとなりますので、適切な品質を確保することが困難となってしまうのです。

セキスイハイムでは屋内の工場で作業をしますので、不適切に風雨に晒されることもありませんので、非常に品質の高い住宅を建てることができます。

このように、実際に住宅を建築する際に必要となる技術を、機械などを用いることにより高水準で確保し、かつ屋内での作業をメインとすることにより入居前に発生する材料などの品質劣化を極力抑えることができます。

このような作業工程で建築することから、他のハウスメーカーにはないような高品質の住宅を建築することが可能となっているのです。

 

このように、機械的に建設工程を管理することや品質を管理することによって、一般管理費、技術管理費、現場管理費などを抑えることが可能となっていますし、積算内容を適切にすることにより無駄なコストを省くことで、坪単価を抑えることができるのです。

 

セキスイハイムのイニシャルコスト・ランニングコスト

住宅を建築するにあたって、みなさんは最初の建築時に発生するイニシャルコストにばかり目が行きがちではないでしょうか。

もちろん、多額のローンを組むことになることが想定されますので、返済までのプランを考慮するうえで非常に重要なファクターと言えるでしょう。

しかし、イニシャルコストだけに注視していると、実際に年月が経つに連れて問題が顕在化する可能性があります。ここでは、住宅における維持管理計画について触れたいと思います。

 

イニシャルコストとランニングコストを意識した資金計画

住宅を建築する際に発生するのが、イニシャルコストです。

住宅そのものの材料であったり、住宅の中に設置する設備関連であったりと様々な要素によりイニシャルコストは変動します。

セキスイハイムでは、入居するまでのフローチャートの中で「資金計画をまとめる」という項目がありますので、ここできっちりとお話をすることが可能となっています。

住宅を所持するということは、ローンや税金など多種多様なお金に関する要素が絡んできますから、資金計画を立てる際には、本体工事費を主軸に据えて付帯工事費、諸費用を肉付けしていくようにしましょう。

また、住宅だけではなく土地の購入を併せて行う場合は、土地費用も予算の中に組み込むようにしてください。これらの各費用を総合したものが住宅を所持するにあたり必要となる総費用となります。

資金計画作成においては、この総費用で計画を立てるようにしてください。

また、見積もりの取り方によっては、付帯工事がすでに含まれているパターンもありますので、事前にきっちりと確認しておくようにしてください。

 

このように、当初予算として必要となってくるイニシャルコストの他にランニングコストについても認識しておく必要があります。

当たり前の話ですが、住宅とは長年にわたって居住することになるものです。

この先、何十年と暮らす住宅を適切に維持するためには光熱費、経年劣化に伴う部材等の補修、設備関連に伴う保守点検を含めた維持管理費、適切に住宅を使用するためのメンテナンス費、大きく損傷が発現した際のリフォーム費など、様々な要素があります。

ほとんどのハウスメーカーでは、イニシャルコストについてしか説明をしてくれない中で、「資金計画をまとめる」のフローにおいてセキスイハイムでは、このイニシャルコストとランニングコストについてきちんと説明をしてくれるのは大きなメリットではないでしょうか。

維持管理計画を立てるうえで、イニシャルコストとランニングコストについては非常に重要な要素となって来ますので、住宅購入を考えておられる方については、是非ともご注意いただきたいと思います。

 

ランニングコストを意識した家づくり

どこのハウスメーカーでもそうですが、「この部材については品質が良いですよ」と勧めてくるところがほとんどです。

材料に起因する品質が良いことはある意味当たり前です。最初に設置したものがすぐに壊れてしまっては、それは不良品であることに他ならないのですから。

ここで重要となって来るのは耐久性です。

最初の設置時にイニシャルコストがかかることは仕方がありません。

しかし、住宅完成後に入居し始めてから20年・30年と日常生活を送る中で、修理などが頻発してしまっては補修に伴うランニングコストが大きくかかってしまいます。

そうならないためにも、セキスイハイムから提示される材料等については、こと細かい品質証明が記載されている品質証明書などを確認するようにしましょう。

カタログに耐久性などの項目がないようであれば、セキスイハイムよりメーカーへ問い合わせてもらえば良いでしょうし、それでも出てこない場合はセキスイハイムを通じてメーカーへ第三者機関への品質証明試験の実施を要請しても良いでしょう。

最後に、使用材料についての品質証明書やカタログなどを「材料承諾願」として書類にまとめてもらい、セキスイハイムと契約者との間で押印の後、保管することで後々のトラブル回避にもつながります。

セキスイハイムでは、アフターフォローとして、きちんと6か月・1年・2年・5年点検と実施してくれる運びとなっています。

また、最初の5年目以降は10年・15年と5年ピッチで点検をしてくれることとなっています。

住宅を適切に維持するためには、早期点検により損傷を適切に把握することが重要です。壊れてしまってから直すのではなく、ある程度の損傷が蓄積している段階で補修を行うことにより最終的にかかる費用をより効率的に抑えることが可能となります。

耐久性の高い部材などを選択することにより、この定期点検実施時に確認される損傷を最小限に抑えることができることから、補修等に要するランニングコストを抑えることができるのです。

是非とも、ランニングコストを意識した維持管理計画を策定するようにして頂ければと思います。

 

セキスイハイムの値引き可能価格はいくら?坪単価20万円OFF!?

セキスイハイムの家は坪単価が高くて、とても建てられない。もしくは、建てられても面積を小さくするしかないと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

確かに前述したとおりセキスイハイムの坪単価は約85万円とそれなりの価格がします。

我が家もセキスイハイムで建てたのですが、見積書のインテリア・エクステリアなどを除いた価格は4956万円で、面積は約59坪ですから、坪単価は84万円ということになります。

しかし、様々な交渉を続けた結果、我が家ではこの見積り金額から1100万円の値引きに成功しました。

4956万円から1100万円を引くと3856万円となり、坪単価は84万円から65万円まで約20万円も下がっています。

坪単価65万円であれば我慢して面積を小さくする必要もないですし、思い通りの家づくりができますよね。

 

セキスイハイムから1100万円の大幅な値引きに成功した僕の体験談の詳細は、当ブログ記事『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』をご覧ください。

 

▼セキスイハイムから1000万円以上の限界値引きに成功した価格交渉はこちら▼

お勧め記事
セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価 - 失敗しない理想の家づくり
セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価 - 失敗しない理想の家づくり

この見積書を見てください。 1101万7417円の値引きに成功しています。 この記事を読み終わる頃には、あなたも10%以上の値引きに成功できるようになります。 そしてこの値引き方法はセキスイハイム以外

続きを見る

 

まとめ

まず初めに坪単価の説明をした上で、セキスイハイムを含む9社の最新の坪単価ランキングを紹介しました。

 

次に、家を建てる際に陥りがちなハウスメーカーの坪単価のトリックについて説明をしました。

 

次に、高いと思われがちなセキスイハイムの坪単価が何故安いのかということについて説明をしました。

 

次に、セキスイハイムのイニシャルコストとランニングコストについて説明をしました。

 

そして最後に、セキスイハイムから1100万円の大幅な値引きに成功した僕の体験談をお話ししました。

 

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『間取り・資金計画・土地探し』で失敗しない家づくりのページに進む

『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』を自分1人だけで考えて家づくりを進めれば、数百万円の損をしてしまうことも珍しくありません。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

 

-セキスイハイム, 注文住宅
-, , , , , , ,

Copyright© 失敗しない理想の家づくり , 2019 All Rights Reserved.