LDK セキスイハイム 家・間取り 注文住宅

セキスイハイムLDK間仕切壁のない広い大空間リビング・ダイニング・キッチン

 

 

 

はじめに

LDKってよく聞きますけど、どんな間取りにすれば良いLDKになるのでしょうか。

リビングとダイニングをキッチンをくっつけるだけだと思っていると良い間取りにはなりませんから、しっかり考えてみましょう。

 

先が見えれば安心です

具体的な間取りの話をする前に1冊本の紹介をしようと思います。

飯塚豊著『間取りの方程式』からの引用です。

 

先が見えれば、安心です

「間仕切壁を減らす」「中間領域を充実させる」。この二つを盛り込むだけでも、あなたの間取りは凡庸な類型から一気に抜け出せます。

でもどうせやるなら、この二つを統合・整理して、もっとダイナミックな問取りを構想するのはいかがでしょう。

室内に「抜け」をつくるのです。

抜けとは、建物の端から端までが一直線に見渡せる状態のこと。

窓を介して屋外まで抜ければ完璧です。

「先行き不透明」現代社会を評する常套句ですが、せめてわが家だけは先々まで明るく見通せる“通り”がほしいものです。

そこを風が抜け、光が抜け、視線が抜ければ、どれほど穏やかな気持ちになれるでしょうか。

せっかく間什切壁を減らしても、抜けの「つらぬき具合」が中途半端ではその効果も半減。建物の形を決めたら、まず抜けの方向を確認しておくとよいでしょう。

 

貫く棒の如きもの

抜けない間取りはいまひとつ

間仕切壁は少ないものの、抜けている「通り」が1 ヵ所もない間取りは、どこ

となく窮屈さを感じさせます。

外部とのつながりが弱いのも、いまひとつ心地よさを実感できない要因に。

 

抜けがもたらす爽快感

端から端まで一直線に抜ける「通り」は、間仕切壁の位置を調整すれば確保できます。

一般的にはリビング・ダイニングをつらぬく抜けがつくりやすいのですが、それ以外にも複数の抜けができれば、爽快感はさらに高まります。

 

 

「機能」と「がらんどう」で分けてやる

抜けの確保は、建物が長方形ならあえて短辺方向を2分割するゾーニングができると、容易に実現します。

分割した一方には、水廻り・寝室・収納など「機能の定まった部屋」を、もう一方には見通しのよい「がらんどうの空間」を配置。間取りのウラとオモテを「機能」と「がらんどう」で分割してやると、自然と抜けが生まれます。

 

I形は長いほうの中心に

平面形状がI形の長方形、あるいは部分的に凸凹のある|形の長方形なら、抜けは長辺方向の中心をつらぬいて設けます。

各部屋は抜けの周りに配置しましょう。

目抜き通りの両側にお店が立ち並ぶイメージです。

 

L形・コの字形・口の字形は内側をえぐる

平面形状がL 形、コの字形、口の字形なら、その形状を生かして内側に抜けを設けましょう。

「内側に抜け、外側に部屋」という意識で計画すると、機能とがらんどうがうまくまとまります。

 

 

 

視界良好LDK間仕切壁のない広い大空間レイアウト

我が家の間取りをレイアウトするときに気を付けたのが、書籍の引用でもある「抜け」です。

LDKについては、できるだけ間仕切壁を設けずに見通しがよくなるように間取りを作成しました。

そのために、主に北側にキッチン、トイレ、洗面室、浴室、納戸等の「機能の定まった部屋」を集中させ、南側はリビング、ダイニング、和室等の「がらんどうの空間」にしました。

 

がらんどう空間のメリット

「がらんどうの空間」を作ると家の中がとても広く感じられます。

同じ広さでも間仕切壁があるのとないのでは、見た目が全然違ってくるのです。

子供たちはリビングにいることが多いのですが、上記間取り図の青い矢印を見てもらうと分かりますが、キッチンから子供たちが何をしているか見えて安心です。

キッチンの手前にダイニングテーブルを置いているのですが、子供が勉強をしているときもキッチンに母親がいると、子供たちも安心して勉強ができます。

このダイニングテーブルの近くにパソコンを置いているのですが、子供たちが触れるインターネットにつながるパソコンはここにしかないため、親の目が届き子供たちに有害なホームページを見せることも防げます。

 

がらんどう空間を個室に区切る

我が家では年に数回弟が泊りにくることがあります。

その際にがらんどう空間だと泊めるのには不向きです。

そこで、がらんどう空間を個室に区切る工夫をしてあります。

和室は普段は東側のリビングと南側の廊下・サンルームと繋がっている大空間なのですが、東側のリビングとの区切りは900mm×2枚の片引きのふすま、南側の廊下は900mm×3枚の片引き障子で区切ることができます。

こうすると和室が完全な個室になるため、弟が泊まる際には客室に変身するのです。

年に数回しか使わないのに客室を作ってしまうと、日常的にはあまり使わないもったいない空間になってしまいますから、大空間を区切る工夫をして必要なときだけ、個室にできると便利に使用できます。

 

 

コラム

ちょっとマニアックな話ですが、セキスイハイムの障子やふすまは900mmでできています。

通常の木造住宅ですと、3尺は910mmですが、セキスイハイムでは3尺を900mm換算で設計しているのです。

これだけ読むと木造住宅よりも狭いような印象を受けますが、通常の木造住宅においては、図面上の3尺は実際には壁の厚さ5寸(約150mm)を引いた2尺5寸(760mm)となりますが、セキスイハイムの軽量鉄骨住宅は壁厚が70mmくらいのため、図面上の900mmは実際には830mmほどになり、同じ3尺でも木造住宅より70mm程広くなるのです。

 

 

セキスイハイムは大空間を作るのが得意

木造住宅では大壁(壁の中の柱)と壁で家を支えています。

2×4もしくは2×6と呼ばれる枠組壁工法の家も壁で家を支えています。

よって、木造住宅で大空間を作ると耐震性が擬制になりますから、大空間や大きな窓を設置するのには限界があります。

 

しかしセキスイハイムは上記図面の赤丸部分の柱だけで家を支えており、壁で家を支えないことから、大空間を作っても耐震性に影響を及ぼしません。

また、同様の理由から窓を大きく取れるのもセキスイハイムの魅力です。

我が家ではリビングの南側とサンルーム南側に大きな窓を設置しています。図面上の青の括弧部分です。

この青で囲った部分の寸法は2間(3600mm)ですが、窓の大きさは幅9尺(2700mm)高さ2250mmです。

普通の木造住宅であれば窓の幅はせいぜい6尺(1820mm)~7尺5寸(2275mm

でしょう。

 

僕の嫌いな寸法として、2間の壁に「3尺の壁・6尺の窓・3尺の壁」があります。

どうしても6尺の窓にするのであれば、「6尺の壁・6尺の窓」にすれば良いのになと感じます。

 

LDKの「抜け」を作るには窓の大きさも重要ですから、もしセキスイハイムで家を建てるのであれば、大空間に大きな窓を設置して「抜け」を作ってみてください。

 

セキスイハイムで新築注文住宅から10%の値引きして安く建てる方法

セキスイハイムの注文住宅を少しでも安く建てたい

これからセキスイハイムで家を新築するのであれば、少しでも安く建てたいですよね?

セキスイハイムの坪単価は一般的な工務店などに比べると高めですから、いくらでも安く建てたいところです。

この見積書は我が家をセキスイハイムで新築した際の見積書ですが、1100万円以上の値引きに成功しています。

セキスハイムは値引き交渉をしないで建てると高いですが、『セキスイハイムから1100万円の値引きに成功した見積もり公開&価格交渉方法と紹介割引』で紹介したように、値引き交渉や様々な割引制度を使えば、数百万円の値引きができますから、是非少しでも値引きをしてもらってください。

僕が実践した「セキスイハイム値引き方法」の詳細はこちらから>>

 

セキスイハイムの割引の中でもっとも確実な値引き方法「オーナー紹介割引」

数あるセキスイハイムの値引き方法の中でも「オーナー紹介割引」は確実で大幅な値引きが期待できる値引き方法です。

 

もし、これから家づくりを検討されているのであれば、「オーナー紹介」を受けていて損はありません。

 

もちろん!セキスイハイムからの提案が気に入らなかったり、他のハウスメーカーの方がよければ、「オーナー紹介」の後であってもセキスイハイムの提案を断ってもらって大丈夫です。

 

ネットで知り合った人の紹介でも大丈夫かと心配になる方もいるかもしれませんが、問題ありません。

 

実際にこのブログ記事を読んでいただいて、お問い合わせしてくれた方を紹介したところ10%値引きになりました。

 

自分で値引き交渉するのが煩わしい・苦手と感じている方も、このオーナー紹介による値引き方法なら僕からセキスイハイムに紹介するだけですから、気軽に利用できます。

 

北海道から九州までどこで建てる場合でも値引きOKとのことだったので、オーナー紹介割引で家を建てたいという方はこちらまでお問い合わせください。

オーナー紹介をする前の注意事項

当方からの返信はGmailでします。あらかじめ@gmail.comからのメールを受信できるようにしておいてください。

※当方から返信してもエラーで送信できないことがあります。

「.com」を迷惑メールのフィルター設定をしている場合などもご注意ください。

当サイトはSSL通信(暗号化通信)対応ですので、安心してご連絡ください。

 

オーナー紹介割引と併用がお勧めのセキスイハイム値引交渉方法

オーナー紹介割引と併用してするお勧めの値引交渉方法があります!

それは値引交渉の基本であるハウスメーカー複数社での相見積もりです。

オーナー紹介割引である程度値引きが上手くいった際に、最後の一押しでするのに効果的です。

その最後のタイミングでしっかり複数社の見積書を提示して「この〇〇社の見積もりより安くしてくれたら契約します」の一言が言えるように事前にハウスメーカー複数社の見積書を準備しておく必要があります。

 

その最後の一押しに必要な見積書である『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』をしつこい営業を受けることなく、複数のハウスメーカーや工務店に無料で一括依頼することができたら便利だと思いませんか?

 

実はそんな便利なサービスを無料で提供しているサイトがあるのです!

それは「タウンライフ家づくり」というサービスです。

 

同じ間取りプランでも数百万円の差が出ることも珍しくないのが注文住宅ですから、1社だけではなく複数社に相見積もりを依頼して相見積もりに必要な『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』を比較検討しましょう。

 

>>『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』の一括無料作成依頼はこちらから

 

住宅会社に相見積もり・間取りプランの作成を依頼する際の注意事項

 

複数のハウスメーカーや工務店に相見積もり・間取りプランの作成を依頼する際に注意する点があります。

 

それはできるだけ、自分の要望を住宅会社に伝えることです。

 

まだ、あなたの家づくりはスタートしたばかりでしょうから、詳細な要望をする必要はありませんが、おおまかな予算や希望する部屋の数などはありますよね?

 

もし、そういった希望があるのであれば、タウンライフで住宅会社に相見積もりを依頼する際に、下記入力フォームに現段階での希望を伝えましょう。

 

タウンライフのH Pにも「詳細に入れていただかないとプラン等の提案ができない場合もございます。」と記載がありましたから、自分の希望・条件・予算などをできるだけ伝えることがタウンライフを上手く利用するコツです。

 

特に要望記入欄には、あなたの要望をできるだけ記載すると良いでしょう。

上記画像の赤色の四角で囲った部分が要望記入欄です。

ここに家づくりの要望をできるだけ記入すれば、あなたにあった間取りプランを作成してくれますよ。

記載方法に困った場合には、次の項目で、みんながどんな風に住宅会社に間取りの要望を伝えているか紹介しているので、参考にしてみてください。

みんなはこんな風に間取りの要望を住宅会社に伝えているよ

みんなは要望記入欄にこんな感じで入力しているよ。

下の✅折りたたみメニューをクリックするとみんなが要望した内容を展開表示できるから、参考にしてみてね。

真似したいものがあったらコピペして使用してOK!

希望する注文住宅の階層から選ぶ

平屋住宅

✅住宅取得を検討中、自宅訪問はご遠慮ください

・自宅訪問はご遠慮ください。(あった場合は候補対象より外させていただきます)

・電話番号はSMS専用となっております。

・資料はメールにてお願い致します。

・住宅探しは初心者です。

・平屋と選択しましたが、2階建も希望です。

・住宅並びに土地を探しています。

・また、注文住宅、中古物件等も条件に合えば全然OKです。(程度によっては、リノベーション等で対応)

・仕事の関係上、あまり遠いところは不可のため優先順位は『立地』です。(駅より車で30分以内)(周囲各1駅範囲程度)がベストです。

・土地や建坪に関しては、立地次第で臨機応変に考えています。

・装飾等はできるだけシンプルで構いませんが『キッチン』だけは広く・ステンレスでの造りを考えています。

・各個室に関して狭くとも大丈夫です。(プライベートが守られる空間があればそれでOK)

・ただし、防音はしっかりとしたものが良いです。(隣接する部屋のテレビ音が聞こえる等はNG)

いろいろ比較して決めたいです。

アドバイス、大まかな見積もりをお願いします。

2階建て

✅家事動線重視・玄関からキッチンを通らない住宅

・家事動線重視

・玄関からキッチンを通らない作り

・バルコニー広め

・子ども部屋は将来間仕切りができる設計

・キッチンから部屋全体が見える

・リビングダイニングは1階

・屋根裏部屋有り

3階建て

✅ミニバンも入る駐車場つき3階戸建て

3階戸建て住宅を探しています。

希望

・4LDK

・30坪

・ミニバンも入る駐車場

・予算は2800万くらい

これらの要望が入った注文住宅の間取りがほしいです。

住みたいライフスタイル・要望から選ぶ

二世帯住宅

✅二世帯住宅検討中、見積もりお願いします。

二世帯住宅を検討中です。

下記の条件で間取り、費用を知りたいです。

お願いします。

・水や食料品をまとめ買いするので、パントリーのようなものが欲しい

・ゴルフバッグが4つあるので玄関の側に置き場所、小部屋が欲しい(共用可)

・そのほかは完全分離型の二世帯住宅希望

・親世代1階、子世代2階

土地&間取りの提案

✅土地探しからお願いします。

・土地探しからお願いします。

・ 30〜24坪のコンパクトな平屋

・車を2台駐車希望

・子供は現在ひとり 将来的に2人予定 子供部屋は4,5畳〜6畳内 できれば間仕切りにしたい

・篭り部屋とし2畳程度の書斎が欲しい

・子供部屋はリビングを通らないとはいれないようにしてほしい

土地+間取りの提案お願いします。

店舗併用住宅

✅店舗型住宅、一階に六畳くらいの事務所

・一階に六畳くらいの事務所を入れてもらいたいです。

・オール電化で太陽光発電をつけたいです。

・53坪建蔽率80%容積率200%の敷地に予算3500万でどれくらいの広さの家が建てられるか見積もり教えてほしいです!

 

ゼロ・エネルギーな暮らし(ZEH)

✅ZEHを希望してるので太陽光発電と蓄電池を検討中

・エネルギーゼロハウスを希望してるので、太陽光発電と蓄電池を導入したい

・和室は一部屋欲しい

・玄関からの動線も良くしたい

・布団が干せるようベランダが広い方がいい

・窓を大きくし外の光を取り入れたい

・キッチンから和室が見える位置にあると嬉しい

・クローゼットも動線を考え、入り口が2つあると便利

・ドア等を高くして、広く開放的に

・住宅ローンの申し込みについてどようにすれば良いか、まず見積もり比較をしたいのでご連絡をお待ちしております。

子育ての暮らし

✅一戸建てを考えています。広い収納がある玄関がほしい

一戸建てを建てようと思っています。

・ベビーカーと自転車を収納出来るシューズインクロークと1.5畳ほどのランドリールームが欲しい。

・トイレは1階と2階に1つずつ。

・キッチンは対面式。

・パントリーは小さくてもいいので欲しい。

・子供部屋は1つで将来2つに区切る。

この条件で費用がどれくらいか知りたいです。

あと住宅ローン控除や建物の固定資産税についても教えていただきたいです。

 

ペットと暮らせる間取り

✅大型犬&猫と住みやすい家づくり

・洋室一部屋は将来、子供部屋用に間仕切りができるようにしたい

・吹き抜け、メゾネットのようなタイプや、2階にバルコニーも可。広々とした空間希望

・大型犬、猫住みやすい家造り

・ランドリールーム(エアコン、換気扇完備)から干場、クローゼット直結

・超大型犬用スペース

・消臭効果、傷つきにくい壁紙、ペット滑りにくい床材、柱等傷がつかないような工夫

・猫用トイレスペース、キャットウォーク

・LDKと庭が面する箇所が大きい

・玄関広め、収納広め、段差少なく

とにかく大型犬、猫と住みやすい家造りをしたいと考えています。

上記以外にもオススメの施工や設備、提案等ありましたらご教示いただけますと幸いです。

 

間取りの要望を伝える

複数社に一括して間取りの要望を伝えながら相見積もりを取得してみませんか?

『間取りプラン・資金計画・土地提案書』の一括無料作成依頼はこちら

 

よくある質問

インターネットの相見積もりなどをしてハウスメーカーや工務店からしつこい営業や迷惑電話を受けるのではないかと心配です。
累計112万人の方が利用している優良サービスですので、安心して利用できます。

僕も何度かタウンライフで資料請求をしたことがありますが、訪問営業や迷惑電話は一度も来ていません。

特に心配な方は間取り要望記入欄に「訪問営業、電話営業はご遠慮ください」とでも書いておけば間違いありません。

 

利用したら契約しないといけないの?
提案されたプランが納得のいかないものであれば、契約をする必要はありませんので遠慮なく断って大丈夫ですよ。

 

他の資料請求サイトとの違いは?
タウンライフの特徴は資料請求ができる他に次の3点セットを貰えることです。

➀間取りプラン

➁資金計画書

➂土地提案書

他方、他のサイトは「資料請求」だけにとどまっていることです。

 

利用すると料金を取られるんじゃない?
実際に利用しましたが、料金は取られませんから安心してください。念のためタウンライフ担当者に直接確認しましたが、料金は一切発生しません。

 

タウンライフ

家づくりの第1歩として、まずは「資料請求をしてみよう」くらいの軽い気持ちで、今すぐ複数社の相見積もりを取ってみてはいかがでしょうか?

『間取りプラン・資金計画・土地提案書』の一括無料作成依頼はこちら

 

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

\この記事はどうでしたか?/

この記事は私が書きました

この記事は「失敗しない理想の家づくり」管理人のHALが企画・執筆をした完全オリジナル記事です。

 

HALプロフィール

2016年にセキスイハイムで60坪の注文住宅を建てる際に、価格交渉で1100万円以上の値引きに成功しました。

これからセキスイハイムで家を建てる方に『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法』などをお伝えします。

 また、間取り・不動産登記・固定資産税・住宅設備など幅広い知識を基に住宅に関する様々な情報をお伝えします。

 保有資格:宅地建物取引士

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

失敗しない理想の家づくり - にほんブログ村



住まいランキング

 

 

 

\この記事はどうでしたか?/

-LDK, セキスイハイム, 家・間取り, 注文住宅
-, ,

© 2020 HALの『失敗しない理想の家づくり』