セキスイハイム 家・間取り 注文住宅

1坪単価分80万円損してる?セキスイハイムのリビング壁面収納・廊下本棚

 

はじめに

セキスイハイムで家を建てると不思議な厚い壁が生じることがあります。

これはユニットのつなぎ目なのですが、この厚い壁の部分を有効活用しないとただのデッドスペースになってしまいます。

そしてこのデッドスペースによって100万円近く損をしていることがあるのです。

 

セキスイハイムのデッドスペース内壁

セキスイハイムはご存知の方も多いでしょうが、工場でユニットを作成し、それを現場で組み立てます。

上記平面図の四角で囲っている箇所がユニットです。

このユニット同士が接する部分にデッドスペースが生じやすいのです。

デッドスペースの奥行はおおよそ7寸5分(木造住宅ですと227.5mmですが、セキスイハイムの場合は225mm)程度です。

具体的には上記平面図の赤線で囲った部分が何もしなければデッドスペースになっていた箇所です。

セキスイハイムの住宅展示場はともかく、個人で建てたセキスイハイム住宅の内部を見ますと、このようなデッドスペースがよく見受けられます。

その度に僕はこのスペースもったいないなぁと感じていました。

 

セキスイハイムの壁面収納の種類

壁面収納の種類には色々とありますが、ここでは代表的な収納を紹介したいと思います。

LDトール収納

上下が扉付収納になっていて、中間がカウンターになっている収納です。

 

LD腰壁収納

腰壁高の壁面収納です。

システムキッチンのカウンター部などにつけると良いと思います。

また、階段の腰壁につけても良いでしょう。

 

LDパントリー収納

食器棚として使用するのであれば、セキスハイムの収納よりもクリナップなどのキッチンメーカーのものをお勧めします。

 

オープン収納

 

オープン収納は扉がない収納です。

棚の他にもハンガーなどを組み合わせてオリジナルの棚にできます。

写真にあるように掃除機を収納するスペースをつくる際は、高い場所にコンセントを設置して、スティックタイプの掃除機の充電もできるようにしておくと便利です。

 

妻壁収納オープン棚

 

これは本棚として最適です。

奥行がある本棚に本を前後2列で収納すると奥の本が取り出しにくくなるので、僕のお勧めは奥行きが浅い本棚です。これを家のいたる所に設置すると本好きにはたまらない空間になります。

 

妻壁収納扉付

用途に応じて色々な扉付の収納があります。

フィギュアなどのコレクションがあるのであればギャラリー収納にして、棚板をガラスタイプに切り替えると、中が明るくなるのでお勧めです。

さらにギャラリー収納内の壁面を鏡にするとなお明るくなります。

 

デッドスペースに活用方法

当ブログ記事「セキスイハイムLDK間仕切壁のない広い大空間リビング・ダイニング・キッチン」の「セキスイハイムは大空間を作るのが得意」で述べたとおり、セキスイハイムの建物はユニット四隅の柱で家を支えていますから、四隅の柱以外の部分は壁にしていても、壁をなくしても、壁面収納にしても良いのです。

セキスイハイムのデッドスペース壁の利用方法としては

ⅰ壁にする

ⅱ壁面収納にする

ⅲ壁なしにする

の3つが考えられますが、どうしてそのようにしたのかという理由の有無のマトリックスを考えることができます。

どうしてそのような選択をしたか?

理由

あり

理由

なし

壁にする

壁面収納にする

壁なしにする

➀理由があって壁にした場合

理由があって壁にするのであれば、問題ありません。

ただし、壁にした反対側についても何故そうしたのかを考える必要があります。

一方を理由があって壁にしたとしても、反対側のもう一方については収納にすることもできるはずです。

仮に一方を理由があって壁にしたとしても、反対側を有効活用しない手はありません。

 

➁理由もなく壁にした場合

はっきり言ってこれはもったいないです。

壁面収納にすれば少しでも収納スペースが増えます。

デッドスペースを有効活用せずに壁にしたばかりに、他の場所に収納スペースを作ることにもなりかねません。

 

➂理由があって壁面収納にした場合

これは僕がお勧めする上手なデッドスペースの有効活用方法です。

デッドスペースは有効活用していないからデッドスペースなのです。

予め必要な理由を考えてから壁面収納を設置すると、物の収納ができるようになります。

 

④理由もなく壁面収納にした場合

理由もなく壁面収納にした場合ですが、理由もなく壁にするよりはマシです。

何故なら建築当初は使う予定がなかったとしても、後から収納スペースが欲しいと思うことはあるでしょう。

その際に壁ですと追加工事が必要になりますが、収納スペースであればそのまま使うことができます。

ただし、何を収納するか決めずに収納スペースいたずらに増やすと物が散乱する原因になりますから、ご注意を。

 

⑤理由があって壁なしにする

我が家の場合は1階のリビングと和室の間を壁なしにしました。

厳密に言えば壁の代わりにふすまにしたのです。

2つの部屋を区切らないことにより、大空間を確保することができます。

 

⑥理由もなく壁なしにする

これはお勧めできません。

大空間は闇雲に作れば良いというわけではありません。

事前にしっかり考えてから間取り作成をすることをお勧めします。

 

お勧めの壁面収納設置個所

リビングにお勧めの壁面収納

リビングにお勧めの壁面収納としては、まず前述のLDトール収納があります。

我が家ではここに固定電話とWi-Fi機器を置いています。

 

また、リビングにかかせない収納として本棚があります。

家族が自由に読めるように色々な本を置いています。

今は子供の絵本がたくさんしまってあり、子供が自由に絵本を選べる環境になっています。

 

脱衣室にお勧めの壁面収納

脱衣室には脱衣トールがお勧めです。

脱衣室では日常的に使うタオルや洗濯用品などを収納しておくのに便利です。

見た目はLDトールに似ていますが、扉の一番下が少し空間が空いていてヘルスメーター(体重計)を収納するのに便利です。

また、洗濯機の上にオープン棚を設置すると洗剤を置くのにとても便利です。

 

納戸にお勧めの壁面収納

納戸にお勧めの壁面収納としてはオープン収納システムがお勧めです。

納戸内の収納スペースにいちいち扉をつける必要はありません。

また、奥行きのある棚に置いた奥の物は取りだすことが面倒になり、死蔵品置き場と化す可能性が高いので、奥行は200mmから400mmあれば十分でしょう。

 

廊下にお勧めの壁面収納

廊下にお勧めの壁面収納には本棚です。

本を読む方の悩みのひとつに本の収納問題があります。

廊下は基本的には通り過ぎることにしか使いませんが、その壁に本棚を設置したらどうでしょうか?

我が家ではリビング、セカンドリビング、廊下、書斎、各子供部屋に本棚を設置しました。

これにより大量の本を収納できるのみならず、子供たちが本を手に取りやすい環境を作り出しています。これは僕の本を読む子供に育ってほしいとの願いが込められています。

 

我が家の壁面収納具体例

上記平面図の赤線で囲った部分が壁面収納設置個所です。

壁面収納は奥行きが狭いものを多く設置しました。

これにより本、日常消耗品、掃除道具などの収納スペースがしっかり確保できました。

壁面収納のメリットとしては、壁と一体になっているので、地震の際に倒れてこなくて安心して使えます。

我が家では後から置いた家具はテレビボードやチェスト等の背の低いものばかりです。

背の高い収納スペースは全て壁面収納にしたのです。

これにより部屋を広く使えることができるというメリットもあります。

新築したばかりで家具を置いていない部屋は広く見えるものですが、次々と家具を置くとあっという間に狭くなってしまいますから、壁面収納はその点も優れています。

 

まとめ

まず初めにセキスイハイムはユニットを組み合わせて作っており、ユニットのつなぎ目にデッドスペースが生じやすいという話をしました。

次にセキスイハイムの壁面収納のバリエーションを紹介しながら、部屋別にお勧めの壁面収納を紹介しました。

そして最後に我が家の壁面収納の具体例を紹介しました。

 

セキスイハイムで家を建てる際に生じたデッドスペースを理由もなしに壁にしたのであれば、その箇所は正真正銘のデッドスペースとなります。セキスイハイムの坪単価が80万円だと仮定した場合、1畳分デッドスペースがあれば40万円、0.75坪分のデッドスペースがあれば60万円、1坪分のデッドスペースがあれば80万円分の面積を無駄にしていることになるのです。

壁面収納を設置しなかったばかりに80万円を損して、さらに後置きで家具を買ってきてはさらにお金がかかります。

セキスイハイムで家を建てるのであれば、事前に収納する物を考えてから「これでもかっ!」という程、壁面収納を設置してみてください。

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

\この記事はどうでしたか?/

この記事は私が書きました

この記事は「失敗しない理想の家づくり」管理人のHALが企画・執筆をした完全オリジナル記事です。

 

HALプロフィール

2016年にセキスイハイムで60坪の注文住宅を建てる際に、価格交渉で1100万円以上の値引きに成功しました。

これからセキスイハイムで家を建てる方に『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法』などをお伝えします。

 また、間取り・不動産登記・固定資産税・住宅設備など幅広い知識を基に住宅に関する様々な情報をお伝えします。

 保有資格:宅地建物取引士

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

 

\この記事はどうでしたか?/

-セキスイハイム, 家・間取り, 注文住宅
-, ,

© 2020 HALの『失敗しない理想の家づくり』