セキスイハイム トイレ 家・間取り 注文住宅

セキスイハイムのトイレのドアを引き戸にすると音漏れが気になる?

 

 

 

はじめに

家を建てる際にあまり気にせずに決めているもののひとつに建具があるのではないでしょうか。

建具には片開きのドア、観音開きのドア引き戸、折れ戸、襖、障子など様々なものがあります。

ハウスメーカーに間取りを作成してもらう際にも、ハウスメーカーに任せっきりにせずに、自分でこだわりを持って建具を選んでみてください。

 

 

人は滑らかに移動したい。ドアはそれに従います。

具体的な間取りの話をする前に1冊書籍の紹介をしたいと思います。

増田奏著『住まいの解剖図鑑』からの引用です。

 

人は滑らかに移動したい。ドアはそれに従います。

部屋に出入りするドアについて考えてみましょう。

上の四つの部屋をご覧ください。同じ大きさのドアを同じ位置に取りつけています。

ドアのタイプは開き戸。

ただし、それぞれ開き方が異なります。

同じドアでも四種類の開き方が考えられるわけですが、残念ながら正しいものは一つしかありません。

どれが正しいかは、普段みなさんの廻りにあるドアを思い出していた

だければすぐにお分かりでしょう(けれど、学生たちの図面を見ると意外と間違えている人が少なくありません)。

では、なぜこのように開かなければならないのか。

ここでは、その理由をあらためて考えてみたいと思います。

たかがドア、されどドア。ドアの開き方一つをとっても、人間は常に心地よく、ストレスのない暮らし方を望んでいるのだと分かるはずです。

 

ドアは身体の動作に合わせて

 

内開きが原則

4種類の開き方のうち、AとBのドアは外開きです。

これはいけません。

ドアを開いたとき、廊下を誰かが歩いているとぶつかって危ないからです。

この部屋に限らず、ドアは基本的に「内開きが原則」と覚えておきましょう。

では、C とD ではどちらがよいでしょうか。

なんとなくD のような気がします。

なぜでしょう?

 

人の動作は美しい

ドアの開閉のみならず、立つ・座るなどの日常的な動作においても、人は実に美しい一連の動きをします。

「見事な身のこなし」といってよいでしょう。

ですから、もしCのようなドアがあれば、あなたは無意識のうちにイラツと感じるはずです。

ドアは壁に向つて開くようにしてください。

 

すべて内開きならよいのか?

納戸の扉

ドアは内開きが原則とはいえ、いくつかの例外があります。

たとえば、納戸の扉。納戸は内開きだと、中に置いてあるものが邪魔をして開閉がしづ

らくなります。

納戸の中に人が入ると、おそらくドアは開け放しでしょうから、とりあえずは外開きで

も構いません。

2枚にたためる折れ戸や引戸にするともっといいですね。

 

トイレのドア

内開きの是非が話題になるのがトイレのドアです。

中で具合が悪くなって動けなくなった人がいた場合、内開きでは助け出すことが困

難です。

そこで、ドアを外から外せるようにしたり、引戸にしたりという工夫をします。

ただし、引戸は遮音の点で問題が残りますので注意してください。

 

玄関のドア

来客を「招き入れる」という観点から玄関のドアは内開きにするのが理想ですが、そのためにはある程度タタキが広くないと靴が邪魔をしてドアが開きません。

欧米では内開きが原則といわれますが、それは靴を脱がない国だからこそ可能になる話です。

 

引戸は開口の幅が自由

引戸は場所をとらないので、ドア(開き戸)に比べて邪魔にならないのが利点です。

さらに、開き加減を自由に調整できるのも大きな利点といえます。

開き戸は開けるか閉めるかのどちらかですが、引戸だったら風を通すために少しだけ開けておくといった小ワザも効かせられます。

 

我が家の扉・ドア・引戸事情

上記平面図は我が家の間取りです。

赤い矢印が引戸で矢印の方向に開きます。

矢印が2~3本並んでいる箇所は2枚もしくは3枚の引戸です。

緑の〇は片開のドア、オレンジの四角は折れ戸、それ以外は人の出入りができない窓です。

 

我が家の間取りは僕が自分で三スケ(三角スケール)を使用して自分で作図したものをセキスイハイムに製図してもらったものですが、間取りと建具の種類はセットで考えて間取り作成をしました。

 

ドアは閉めているときはスペース0ですが、開けるとなると3尺(910mm)×3尺の半畳のスペースを要します。

つまりその半畳のスペースは通路としてのみ使用できて、椅子を置いて座ったり、物を置いたりはできないのです。

 

 

コラム

ドア恐怖症

僕はたぶんドア恐怖症です(笑)

小学低学年のときにスイミングスクールで通路を歩いており、ドアを開けようとしたところ、反対側から勢いよくドアを開けられてそのドアが僕の足の親指にそのままの勢いでぶつかったのです。

余程強く当たったのでしょう。

親指から流血し、親指の爪も剥がれてしまいました。

今でもその時のとこはしっかり覚えています。

そのときの恐怖心が潜在意識に残り、靴を履いて歩く場所であればともかく、靴を脱いで歩く場所においては、ドアはなるべき避けようとしているのだと思います(笑)

 

 

片開きドアが適している箇所

片開きドアの設置に適している場所としては、プライベートルームへの入口でしょう。

プライベートルームは基本的に使う人が決まっています。入るときもノックをしますから、ドアの向こうに人が立っているのに気づかずに開けてぶつかってしまうなんてこともありません。

ちなみに我が家ではプライベートルームへの入口用に設置した3つの片開きドアは光を通さない(中が見えない)ドアですが、玄関からリビングに入るドアは、すりガラスがはめ込んであり、人が立っているか分かるので立っている人に気づかずに開けることはありません。

 

引戸が適している場所

引戸が適している場所

基本的には可能であれば、どこでも引戸にしてOKです。

洋風の玄関に引戸は似合いませんから、玄関だけはやめておくとして、他はどこでも引戸OK!

引戸は書籍の引用にもあるように、全開にする半分だけ開けておく、少しだけ開けておいて風を通すなど色々と使えます。

引戸にすると片開きドアに比べて半畳のスペースが必要なくなりますから、床面積を有効活用できます。

 

トイレは引き戸?

書籍の引用にもあるようにトイレを引戸にすると、中で人が倒れても開けることができますから便利です。他方音漏れの問題がありますから、音漏れに配慮した間取りにしてください。

具体的にはリビングやダイニングなどから直接アクセスできる場所にトイレを設置せず、間の空間を設けましょう。

なお、トイレの詳細については当ブログ記事『トイレの広さ1畳だと狭い?寸法と配置』をご覧ください。

 

引戸で大空間を作ろう!

和室の北側と東側は襖、南側は障子なのですが、これも引戸と言って良いでしょう。

当ブログ記事『セキスイハイムLDK間仕切壁のない広い大空間リビング・ダイニング・キッチン』でも書きましたが、我が家の和室はリビング・廊下と続き間になっており、ふだんは襖と障子を開けておくことにより、サンルーム・廊下・リビング・ダイニング・キッチンが一つの大空間となっています。

しかし、弟が泊まりにきた際などは襖と障子を閉めることにより個室を作り出すことが可能です。

これは引戸だからできる間取りです。片開きドアではこんなことはできません。

 

折れ戸が適している場所

折れ戸が適している場所としては、スペースがない場合で引戸も設置しにくい場合でしょう。

納戸やユニットバスの入口などがこれに当たります。

 

1階リビング南側の折れ戸は幅9尺(セキスイハイムにおいては2700mm)の2枚折れ戸で、全開にすると両サイドにドアが開くため9尺の開口となります。

この折れ戸の南側にはウッドデッキが設置されており、リビングと繋がっているように見えて開放感があります。

リビングを広く取れない場合は開口になる大型の折れ戸とウッドデッキを設置することにより、視覚的に広く感じることができますから試してみてください。

 

まとめ

まず最初に書籍の引用をして建具の種類やドアの開閉方向などを紹介しました。

次に我が家の事例として、引戸、片開きドア、折れ戸の設置個所とその建具をどこに設置すると良いかという話をしました。

 

間取りを考える上でドアは割と簡単に設置できますが、引戸を設置しようと思うと、間取りを考える必要がでてきます。

しかし、引戸は片開きドアにはない魅力がたくさんありますから、当ブログ記事『間取り・資金計画・土地探しで失敗しない理想の家づくりをする方法』で記したように多くの平面図を見て、引戸を効果的に設置できる間取りを考えてみてください。

 

セキスイハイムで新築注文住宅から10%の値引きして安く建てる方法

セキスイハイムの注文住宅を少しでも安く建てたい

これからセキスイハイムで家を新築するのであれば、少しでも安く建てたいですよね?

セキスイハイムの坪単価は一般的な工務店などに比べると高めですから、いくらでも安く建てたいところです。

この見積書は我が家をセキスイハイムで新築した際の見積書ですが、1100万円以上の値引きに成功しています。

セキスハイムは値引き交渉をしないで建てると高いですが、『セキスイハイムから1100万円の値引きに成功した見積もり公開&価格交渉方法と紹介割引』で紹介したように、値引き交渉や様々な割引制度を使えば、数百万円の値引きができますから、是非少しでも値引きをしてもらってください。

僕が実践した「セキスイハイム値引き方法」の詳細はこちらから>>

 

セキスイハイムの割引の中でもっとも確実な値引き方法「オーナー紹介割引」

数あるセキスイハイムの値引き方法の中でも「オーナー紹介割引」は確実で大幅な値引きが期待できる値引き方法です。

 

もし、これから家づくりを検討されているのであれば、「オーナー紹介」を受けていて損はありません。

 

もちろん!セキスイハイムからの提案が気に入らなかったり、他のハウスメーカーの方がよければ、「オーナー紹介」の後であってもセキスイハイムの提案を断ってもらって大丈夫です。

 

ネットで知り合った人の紹介でも大丈夫かと心配になる方もいるかもしれませんが、問題ありません。

 

実際にこのブログ記事を読んでいただいて、お問い合わせしてくれた方を紹介したところ10%値引きになりました。

 

自分で値引き交渉するのが煩わしい・苦手と感じている方も、このオーナー紹介による値引き方法なら僕からセキスイハイムに紹介するだけですから、気軽に利用できます。

 

北海道から九州までどこで建てる場合でも値引きOKとのことだったので、オーナー紹介割引で家を建てたいという方はこちらまでお問い合わせください。

オーナー紹介をする前の注意事項

当方からの返信はGmailでします。あらかじめ@gmail.comからのメールを受信できるようにしておいてください。

※当方から返信してもエラーで送信できないことがあります。

「.com」を迷惑メールのフィルター設定をしている場合などもご注意ください。

当サイトはSSL通信(暗号化通信)対応ですので、安心してご連絡ください。

 

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


 

失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

\この記事はどうでしたか?/

この記事は私が書きました

この記事は「失敗しない理想の家づくり」管理人のHALが企画・執筆をした完全オリジナル記事です。

 

HALプロフィール

2016年にセキスイハイムで60坪の注文住宅を建てる際に、価格交渉で1100万円以上の値引きに成功しました。

これからセキスイハイムで家を建てる方に『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法』などをお伝えします。

 また、間取り・不動産登記・固定資産税・住宅設備など幅広い知識を基に住宅に関する様々な情報をお伝えします。

 保有資格:宅地建物取引士

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

\この記事はどうでしたか?/

-セキスイハイム, トイレ, 家・間取り, 注文住宅
-,

© 2020 HALの『失敗しない理想の家づくり』