タウンライフ利用方法 家・間取り 注文住宅

ハウスメーカーから1100万円の大幅値引きに成功した価格交渉方法

 

 

 

 

はじめに

家を新築したり建売住宅を購入したりするのであれば、いくらでも安い方が良いですよね。

しかし、どうやって値引きをすれば良いか分からない方も多いと思います。

この記事では僕が家を新築する際に1100万円の値引きに成功した方法や、他の値引き方法について説明します。

 

スポンサーリンク

一戸建て新築・建売住宅からの値引きは可能?

まず、結論から言いますが住宅新築の際に値引きをするのは可能です。

当ブログ記事『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法と坪単価』でも書きましたが、僕が実際に家を新築する際に大幅な値引きに成功したので、他のハウスメーカーでも値引きは確実にできます。

建売住宅は購入したことがありませんが、家を新築する際にハウスメーカーと価格交渉をした僕の感覚では、建売住宅であっても値引き交渉は可能だと思います。

 

注文住宅の値引き交渉方法

ハウスメーカーのキャンペーンを利用する

ハウスメーカーでは定期的に様々なキャンペーンをしています。

何もないときに契約するより、いくらかマシですがキャンペーンは定期的にやっていますし、値引きや特典内容も大したことがない場合が多いですから、ハウスメーカーのキャンペーンに乗せられて契約をするのは避けた方が良いでしょう。

「価格交渉」はその名のとおり「交渉」ですから、ハウスメーカーの用意したハウスメーカーに有利な条件では「交渉」として負けています。

特に営業担当者が「今月中に契約してもらえれば〇〇万円値引きしますよ」などと言ってきた場合は要注意!

それは建築主のあなたのためを思って言っているのではなく、会社の利益のために言っているからです。

僕はセキスイハイムと価格や間取りの話をしている際には「全てのことに納得するまで契約書に判は押さない」と明言していましたので、納得のいくまでじっくり打合せをすることができました。

 

紹介割引制度を利用する

同一ハウスメーカーで家を建てた人からの紹介の場合、契約金額から一定の割合などで値引きをしてもらえる場合があります。

上記画像はセルコホームのチラシですが、オーナーからの紹介の場合には5%OFFとあります。

このようにハウスメーカーではオーナーからの紹介で割引がある場合もありますから、紹介してくれる人がいる場合には是非利用してみましょう。

なお、我が家はセキスイハイムで建築したのですが、紹介で10%の値引きをすると営業担当者が言っておりました。

僕からの紹介をご希望であれば、いつでも協力しますので、セキスイハイムで新築を検討している方は遠慮なくお問い合わせください。

紹介するにあたって、建築する都道府県は問いませんが、僕からの紹介前にセキスイハイムと打合せを進めるなどしている場合には、僕からのオーナー紹介割引の対象にならない場合があります。

マイホームの建築を検討している場合には、セキスイハイムの営業担当が決まる前に、当方までお問い合わせいただくと間違いがありません。

ちなみに展示場などでアンケートの記入をするだけで、営業が決まる場合もありますので、ご注意ください。

 

⇒オーナー紹介割引のお問い合わせはこちら。

※当サイトはSSL通信(暗号化通信)対応ですので、安心してご連絡ください。

 

相見積もりを取る

よくありがちな手段ですが、相見積もりを取るという手段も値引き交渉としては有効です。

値引き交渉の際に「安くして欲しい」とだけ言っても比較するものがないと、建築主もハウスメーカーもどのくらいの金額に値引きをすれば良いのか判断がつきませんから。

 

同じ間取りでもハウスメーカーが違うだけで300万円以上の価格差が出ることも珍しくありません。

まだハウスメーカーを決めていないのであればもちろん相見積もりを取って価格や建築プランを検討すべきでしょう。

既にハウスメーカーを決めている場合でも前述したとおり数百万円の差が出ることも珍しくないのが注文住宅です。

相見積もりを取らないで1社だけと交渉をして契約をするなど、ハウスメーカーからすれば、高い金額で契約をしに鴨が葱を背負って来るようなものです。

では、どのようにして相見積もりを取ったら良いのでしょうか?

 

「タウンライフ家づくり」を利用した値引き方法

では、相見積もりを取ることにした場合、どこから何件程取得すれば良いのでしょうか?

実は相見積もりを取るのに適したサービスがあるのです。

それが「タウンライフ家づくり」というサービスです。

 

「タウンライフ家づくり」では全国600社以上の注文住宅会社の中から、あなたのお住まいの地域に対応するハウスメーカーや地元工務店などが、無料で間取りプランや見積書の作成をしてくれるのです。

 

 

前述した値引き交渉方法の1つである相見積もりによる値引き交渉をするのであれば、判断材料は多いに越したことはありませんよね。

「タウンライフ家づくり」はこの見積書の作成依頼を無料で一括して依頼できるのが最大の特徴です。

見積りを取る際に忙しい中、何件ものハウスメーカーや工務店に依頼をするのは手間がかかりますから、ネットでささっとできる「タウンライフ家づくり」を利用すれば時短ができます。

また、いちいち担当者と会って話をする必要がないので気兼ねなくできるのもメリットの1つです。

 

タウンライフ公式サイトはこちら>

 

 

もし、あなたがハウスメーカーでの新築を考えているのであれば、「タウンライフ家づくり」にはハウスメーカー27社に厳選して間取り作成と見積書作成をしてもらうサービスもあります。

ハウスメーカーの営業担当が相見積もりで気にするのはやはり地元工務店などではなく、ハウスメーカーでしょうから、ハウスメーカーに特化して相見積もりをするのも有効な手段です。

 

 

「タウンライフ家づくり」の使い方はとてもシンプルで3分程度の入力で複数社に間取り図や見積書の作成を同時に無料一括依頼ができます。

 

よくある質問

インターネットの相見積もりなどをしてハウスメーカーや工務店からしつこい営業や迷惑電話を受けるのではないかと心配です。
累計112万人の方が利用している優良サービスですので、安心して利用できます。

僕も何度かタウンライフで資料請求をしたことがありますが、訪問営業や迷惑電話は一度も来ていません。

特に心配な方は間取り要望記入欄に「訪問営業、電話営業はご遠慮ください」とでも書いておけば間違いありません。

 

利用したら契約しないといけないの?
提案されたプランが納得のいかないものであれば、契約をする必要はありませんので遠慮なく断って大丈夫ですよ。

 

他の資料請求サイトとの違いは?
タウンライフの特徴は資料請求ができる他に次の3点セットを貰えることです。

➀間取りプラン

➁資金計画書

➂土地提案書

他方、他のサイトは「資料請求」だけにとどまっていることです。

 

利用すると料金を取られるんじゃない?
タウンライフ担当者に直接確認しましたが、料金は一切発生しません。

 

また、見積書作成依頼をすると「成功する家づくり7つの法則」のPDFデータも貰えますから、是非読んでみてください。

 

▼ハウスメーカーの一括見積依頼はこちら▼

 

まとめ

まず初めに、ハウスメーカーなどの住宅会社で家を建てる際に値引きが可能かという話で、我が家では、当ブログ記事『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法と坪単価』でも書いたようにセキスイハイムから1100万円の値引きに成功した経験から、他のハウスメーカーでも値引きは可能だという話をしました。

 

次に、注文住宅の値引き交渉方法として交渉方法を3つ紹介しました。

 

最後に「タウンライフ家づくり」を利用した具体的な値引き方法について紹介をしました。

 

家は一生に一度の買い物ですから、ハウスメーカーの営業担当者のペースに乗せられずにじっくりと交渉をして後から後悔することのないように納得するまで価格を含めた交渉をしてみてください。

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『間取り・資金計画・土地探し』で失敗しない家づくりのページに進む

『間取りプラン・資金計画書・土地提案書』を自分1人だけで考えて家づくりを進めれば、数百万円の損をしてしまうことも珍しくありません。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

 

-タウンライフ利用方法, 家・間取り, 注文住宅
-, , , ,

Copyright© 失敗しない理想の家づくり , 2019 All Rights Reserved.