セキスイハイム 家・間取り 注文住宅 空調・エアコン・換気システム

セキスイハイムはどう?コロナウイルス・インフルエンザ等の感染症を予防する家・間取り作成方法

 

 

 

コロナウイルスやインフルエンザウイルスを自宅内で感染しないようにするにはどうすれば良いの?

厚生労働省は新型コロナウイルスの感染予防方法として「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)」の中で換気の重要性を説明しています。

 

うがい手洗いは外から帰ってきた際に、手についたウイルスを家の中でまき散らさないために大切なことですが、それだけでは防ぎきれなかったウイルスが家の中に長時間浮遊しないようにするためにも換気はとても大切です。

 

インフルエンザやコロナウイルス等の感染症対策のために換気はとても重要だけど、窓を開けると外の汚れた空気と湿気が入ってきてしまう...

 

インフルエンザやコロナウイルス等の感染症対策のために換気がとても大切なのは分かるのですが、いつでも窓を開けられる環境にあるとは限りませんよね?

例えば、湿度が高い時期に窓を開けてしまうと家の中の快適な空気に外のジメジメ空気が流れ込んでしまいます。

ジメジメはカビ・ダニが好む環境ですから、感染症予防をする代わりに他の健康被害に遭うことにもなりかねません。

 

エアコンの冷房・暖房では換気にならないって知っていた?

エアコンには室外機がついており、ベランダなどの屋外に設置されるため、エアコンをつけていれば換気になっていると思っている方も多いのではないでしょうか?

 

でも、実はこれ間違いなのです。

 

上記イラストにもあるように、エアコンは夏の暑い部屋の空気を吸い込んで冷たい空気にして部屋の中に再度循環させているのです。そして熱気だけが室外機から部屋の外に排出される仕組みです(冬はこれの反対)。

 

つまり家の中の空気はエアコンを使用して部屋の中をグルグル回っているだけで換気にはなりません。

部屋の換気ができていないのですから、もちろんエアコンをいくら使用したところで、コロナウイルスやインフルエンザの予防には全然効果がありません。

 

空気清浄機でインフルエンザやコロナウイルス等の感染症予防対策はできるの?

「新型コロナウイルス予防に効果あり」等の広告表示に注意!!

消費者庁は、新型コロナウイルスの予防効果を標ぼうする商品等の不当表示に対する監視指導を実施しています。現時点で、健康食品、マイナスイオン発生器、空間 除菌剤等の商品については、当該ウイルスに対する効果を裏付ける根拠は認められていませんので御注意ください。手洗いなど、正しい予防を心掛けましょう。

 

消費者庁ではコロナウイルスを除去できるなどと根拠のない宣伝をしている空気清浄機の販売がされていることに注意喚起をしています。

 

企業などが発表するデータは企業に都合の良い偏ったデータであることが多いです。

これを裏付ける記述が高知県のH Pにあったので紹介します。

 

空気清浄機は多くのメーカーから発売されており、各社がウイルスの除去効果のある技術を謳っていますが、それらの効果を証明する実験空間が実際の生活空間ではなく狭小空間での実験です。実生活空間に近い大容積で実験すると空気清浄機はウイルス除去などの感染予防対策には効果がない研究結果があります。(一部多少効果がある空気清浄機もあるようです。)また、空気清浄機を季節性インフルエンザなどのウイルス除去を目的としているのであれば、季節性インフルエンザなどの疾患は飛沫感染が主体で、次に接触感染であり、空気感染はよっぽどの密室などの濃密になった場合でなければ基本的に心配する必要はないため、不要であると考えられます。それよりも咳エチケットや、手洗いうがいを徹底させるほうが効果的であると考えます。

 

効果がまったくないかは不明ですが、このように実生活では役に立たない商品も多くあるのが事実なのです。

 

インフルエンザ等の感染症予防対策のためには、24時間換気システムがあっても窓を開けて換気する必要がある?

上記画像は公益社団法人静岡県病院協会のH Pから引用したものですが、住宅の24時間換気システムが有効に働いているのであれば、窓を開ける必要はないとしています。

 

住宅の24時間換気システムはその性能にもよりますが、数時間で家中の空気を新しいものに入れ替えることができるのです。

 

感染症予防のために家中の窓を全開にすると弊害もありますよね。

 

夏の暑い日に窓を開ければ、冷房で快適な温度にしていた部屋に外から熱風が襲ってきます。

 

冬の寒い日に窓を開ければ、暖房で快適な温度にしていた部屋に外から寒気が流れ込みます。

 

梅雨の時期に窓を開ければ、除湿で快適な湿度にしていた部屋に外からジメジメした空気が入ってきます。

 

このようにいくら、コロナウイルスやインフルエンザ予防のためとはいえ、窓を開けて換気をするのはデメリットもあるのです。

 

その点、24時間換気システムは窓を開けないで機械の力で家中の空気の入れ替えをしてくれますから、上記のようなデメリットもありません。

 

また、24時間換気システムの中には「全熱交換器付き」のものもあります。

全熱交換器付き24時間換気システムは家の中の汚れた空気を外に排出する際に、汚れた空気と外の新鮮な空気の間で熱をやり取りするので、冷暖房効率も落ちないのです。

 

セキスイハイムの「快適エアリー」によるインフルエンザやコロナウイルス等の感染症予防対策とは?

 

セキスイハイムでは、「快適エアリー」とい名称の24時間換気システムを導入しており、窓を開けなくても機械が自動で24時間空気の入れ替えを自動でしてくれます。

こうして24時間換気システムにより家の中の空気は常に換気されていますから、コロナウイルスやインフルエンザ等の感染症対策になります。

 

そして、セキスイハイムによれば「日本アルプス級」の空気質を実現しているとのことです。

我が家はセキスイハイムで建てたのですが、「日本アルプス級」の空気質かどうかは鈍感な僕にはよく分かりませんが、空気の質は良いようか気がします。

父は花粉症が酷いのですが、家の中にいると花粉症の症状が軽くなると言っていました。

恐らく快適エアリーのフィルター機能が優れていて花粉が家の中に入り込まないのだと思います。

 

なお『セキスイハイムから1100万円の値引きに成功した見積もり公開&価格交渉方法と紹介割引』でも書いたように我が家を建てる際には1100万円もの値引きをしてもらいました。

もし、セキスイハイムで家を安く建てる方法に興味がある方は『セキスイハイムから1100万円の値引きに成功した見積もり公開&価格交渉方法と紹介割引』を読んでお得に家づくりを進めてみてください。

 

セキスイハイム以外で「コロナウイルス&インフルエンザ等の感染症を予防する」間取りを作成する方法

セキスイハイムの家がコロナウイルス&インフルエンザ等の感染症を予防に効果的なことは先程お伝えしたところですが、セキスイハイム以外で「コロナウイルス&インフルエンザ等の感染症を予防する」間取りを作成するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

そのためには家づくりを進める際に「24時間換気システム」を導入すれば良いのです。

ただし、「快適エアリーの電気代は夏・冬が高い?セキスイハイムの冷暖房効果」でも書きましたが24時間換気システムには1種換気、2種換気、3種換気があります。

この中で給排気全てを機械で自動的にできるのは1種換気だけですから、家づくりをする際にはコロナウイルス&インフルエンザ等の感染症を予防するためにも1種換気を導入した家づくりを進めましょう。

 

そのためには多くの住宅会社に「1種換気」を取り入れた間取りプランの作成を依頼する必要があります。

 

複数のハウスメーカーや工務店に間取りプラン・見積書の一括作成依頼をする方法については『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』で紹介しておりますので、併せてご覧ください。

 

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

\この記事はどうでしたか?/

この記事は私が書きました

この記事は「失敗しない理想の家づくり」管理人のHALが企画・執筆をした完全オリジナル記事です。

 

HALプロフィール

2016年にセキスイハイムで60坪の注文住宅を建てる際に、価格交渉で1100万円以上の値引きに成功しました。

これからセキスイハイムで家を建てる方に『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法』などをお伝えします。

 また、間取り・不動産登記・固定資産税・住宅設備など幅広い知識を基に住宅に関する様々な情報をお伝えします。

 保有資格:宅地建物取引士

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

\この記事はどうでしたか?/

-セキスイハイム, 家・間取り, 注文住宅, 空調・エアコン・換気システム

© 2020 HALの『失敗しない理想の家づくり』