セキスイハイム 家・間取り 注文住宅

セキスイハイムの外観は凸凹の少ないすっきりした長方形がおすすめ

 

はじめに

家を建てようと思って間取りを先に作っていくと、外壁が凸凹になることがあります。

これは部屋を足していって間取りを作成しているのが原因です。

屋根が凸凹になれば雨漏りのリスクが増えますし、外壁が凸凹になれば大地震の際にそこから壁のひび割れが生じたりする原因になります。

外壁も屋根もシンプルな形状であることが大切です。

 

 

書籍の引用

具体的な間取りの話の前に書籍の紹介をしようと思います。

飯塚豊著『間取りの方程式』からの引用です。

 

間取り先行が「ガタガタ」の理由

住宅地を歩いていると、必ずといっていいほど目にするのが、「小さな屋根をたくさん掛けた一軒家」です。

上から見るととても複雑な形をしていますね。

どうしてこのような形になるかといえば、建物の形より先に間取りを決めてしまうからです。

必要な部屋を部屋単位でくっつけていくと、間取りは必ずカタカタします。

建物も複雑な形状に。

屋根が小分けになるのもまた然り。

 

だから豆腐から始めるのです

建物の形は複雑になればなるほど建築費が上がります。

屋根に凸凹が増えれば雨漏りの危険性も高まります。

構造の設計も難しくなるでしょう。

なにより、建物全体のデザインがキマリません。

そんなわけで住宅の設計は、四角い豆腐から始めるのです。

 

基本は「四角形十総2 階十ゆるい片流れ」

平面形状は四角形、断面形状は総2 階(1・2階とも同じ床面積)、屋根形状はゆるい片流れ。

好き嫌いはあるでしょうが、これがシンプルにして究極の建物形状です。

さまざまな事情からシンプルにできないケースは多々ありますが、住宅の設計はまずここから考えてください。

「建物がシンプルな形であればあるほど、間取りの発想は自由になる」。

これは、経験を積んだ設計者なら誰しも実感している間取りの真実です。

 

凸凹のチャンスは一度

前に、「建物の形はシンプルな四角形から考え始めよう」と述べました。

とはいうものの、実際にシンプルな形状のまま竣工を迎える家はあまり多くありません。

私の場合、設計の過程で四角形に凸凹を取り入れていくからです。

心地よい光や風をたくさん室内に取り込みたい主に建物と外部環境との関係をより良好に発展させたいとき、凸凹の導入はとても大きな効果があります。

ただし、ルールが一つ。

「凸凹を設ける場所は一カ所ないし二ヵ所までにすること」。

凸凹の数が増えると建物形状が複雑化し、問取りを制約する条件が増えます。

建物全体のデザインもどんどんまとめにくくなります。

凸凹は、使い方次第で毒にもなれば薬にもなる諸刃の剣なのです。

では、決定的な凸凹をどこに設けるか?

それは皆さんの判断におまかせします。慎重に、でも大胆に。

 

豆腐を変形させてみる

 

我が家の間取り・外観

僕が我が家の間取りを考える際も、まず大枠として家の大きさを決めて、その中に部屋を収めていきました。

先に部屋を考えて、部屋を組み合わせていくとどうしても外観が凸凹になりがちです。

間取りを考える場合には、まず大枠の四角をつくって、その中に部屋を当てはめてみてください。

 

上記平面図は上が1階で下が2階の平面図ですが、赤の線で囲まれている部分が1階と2階の重なる部分です。

2階の左下部分が欠けているのは1階に仏間スペースがあり、仏間の上に人が歩く2階を設置したくなかったからです。

仏間スペースの上に2階を置くか置かないかは考え方次第ですが、仏間スペースの真上をクローゼットにして人があるかないスペースにする。もしくは宗派によって違いがあるでしょうが仏間スペースの天井に「天」と書いた紙を貼るなどしても良いと思います。

また、仏間スペース横の押入れ部分の上は神棚スペースになっており、この部分の上にも2階を設置しないようにしてあります。

仏壇・神棚記事
セキスイハイムの注文住宅で仏壇・神棚の配置はどうする?

      はじめに 間取りを作る際に悩むのが仏壇と神棚の配置です。 家のどの位置にどのように設置すれば良いのでしょうか。 そもそも必要なのかどうかもよく分からなくないで ...

続きを見る

 

1階の緑色部分はサンルームで物干し場に使用していますが、その真上はバルコニーにしています。

青色部分は1階のみで2階は乗っていません。

これが外観イメージですが、バルコニーの下に1階があることで、よくあるオマケのようなバルコニーにはなりません。

また、バルコニーを作るのであれば、奥行きは3尺(910mm)ですと狭すぎるので、奥行きは4尺5寸(1365mm)くらいあった方が良いでしょう。

 

我が家の凸凹を引用した書籍の「豆腐を変形させてみる」に当てはめてみると、バルコニー部分は「かみ合わせる」、1階左側青色部分は「足す」、2階の左下部分は「切り取る」を参考に設計してあります。

書籍で変形は1回もしくは2回までとありますが、2階左下の「切り取る」部分の範囲が小さかったことと、「切り取る」部分の外壁面がとサンルーム・バルコニー部分の外壁面がフラットであることなどから、それほど凸凹には見えずシンプルな外観となっています。

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


 

 

失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

-セキスイハイム, 家・間取り, 注文住宅
-,

Copyright© 失敗しない理想の家づくり , 2020 All Rights Reserved.