セキスイハイム リビング 家・間取り 注文住宅 階段

セキスイハイム新築注文住宅の階段位置とリビング階段のメリット

 

 

 

はじめに

家の間取りを考える際に重要な要素となるのが、階段の位置です。

階段の位置を間違えると、動線や子育てにも影響が及びかねません。

是非階段の位置は紹介する方法を参考に慎重に決めてみてください。

 

書籍の引用

具体的な間取りの話をする前に、書籍の紹介をしようと思います。

飯塚豊著『間取りの方程式』からの引用です。

 

クローバーなら、四つ葉じゃなくても

「動線」という言葉はもともと建築の専門用語ですが、ここ最近はテレビや雑誌などが「良い間取りをつくるには、動線をしっかり考えないと! 」と連呼してくれたおかげで、一般にも馴染みの深い言葉となりました。

たしかに動線の計画は大切。

だからこそシンプルに。

大切なことほどシンプルに考えたほうがうまくいくものです。

そこで私かおすすめするのがクローバー形の動線。

「玄関」のページで述べたとおり、玄関・階段を建物の中央付近に置き、その周りに各部屋を配置していく間取りにすると、動線が自然とクローバー形を描きます。

玄関・階段がクローバーの「茎」となり、周りに部屋という「葉」を広げていくのです。

大切なのはこれだけ。

もちろん、四つ葉でなくても構いません。

葉っぱが2 つでも3 つでも、クローバー形の動線ならそれだけで幸福が約束されます。

 

ほら、クローバーになるでしょ?

典型的な四つ葉のクローバー

建物の中央に配置した階段から、4つの部屋に動線が伸びていきます。ムダな廊下はほとんどありません。

 

葉っぱからさらに葉っぱが生える二葉のクローバー

階段を基点に動線が左右に伸びている間取りです。

ダイニングからは、さらにキッチンの葉っぱが生えています。

キッチンからは、さらにトイレの葉っぱが……。

このように葉から葉が生える動線は、クローバー形動線の応用篇。

水廻りを裏側に隠したいときに有効な動線です。

 

クローバー動線の間取りを描こう

では、クローバー形の動線を意識しながら、シンプルな間取りをつくってみましょう。

「建築面積16 坪・総2階の家」という設定でやってみます。

 

 ゾーニングする

まずは、1階南側にパブリックゾーン、北側に水廻りゾーンを配置するオーソドックスなゾーニングをしてみます。

玄関は西側の中央付近に配置します。

1階はひとまずこれで終わり。

 

2階の階段位置を先に決める

次に2階へ移ります。寝室階(2階)は部屋数が多くなるので、2階から先に決めていくと階段の位置や形状も自動的に決まります。

今回は素直に南側から2階中央部へ上がる直進階段を配置しました。

そのうえで、階段から直接アクセスできるように各部屋を割り振ります。

ここまで描ければ2階の間取りは完成。

再び1階に戻ります。

 

 ゾーンの中身を考える

階段の位置が決まれば、各部屋の配置も考えやすくなります。

この家は階段がパブリックゾーンを左右に分割しました。

東側は吹抜けにしましたが、吹抜けの下はダイニングを配置するのがよさそうです。

LDの位置が決まればキッチンの配置も決まりますね。

あとは、クローバー動線になるよう間仕切壁の位置を調整していくだけです。

 

クローバーの2大品種

クローバー形の動線は、大きく分けて以下の2タイプに集約されます。

 

階段中心型

コンパクトにまとめた玄関ホール・短い廊下・階段から、動線が各部屋に枝分かれして

いくタイプです。一般的にはこの形になるでしょう。

移動専用の空間が少ないので、面積にムダが出ません。

各室のプライバシーや落ち着きにも配慮された間取りです。

 

 

リビング・ダイニング中心型

クローバーの中心にリビング・ダイニング(LD )を据える、ちょっと特殊なタイプです。

LDに玄関を直接接続するので、移動空間のムダが省けます。

ただし、水廻り各室のドアがLDに面してしまうので、クローバーの「茎」の形を調整するなどして、工夫しないといけません。

 

我が家の階段とクローバー動線

我が家の設計をするときに悩んだのが階段の位置でした。

このような間取りはあまり見たことがないかもしれませんが、その要因の1つが階段の位置からくるものでしょう。

 

クローバー動線

階段の位置を決めるにあっては、引用した書籍にあるように、家の中心に階段を配置しました。

これにより、階段を中心とした動線ができあがったのです。

階段を中心に配置したあとは、ゾーニングで水廻り、リビング、ダイニング、キッチン、和室などのエリアを決めていくだけです。

これにより間取りの決め方はとてもシンプルになります。

 

リビング階段のメリット

最近はリビングに階段を設置するリビング階段の間取りデザインもよく見かけるようになりました。

リビング階段はどんな点が優れているのでしょうか。

それはズバリ家族との距離感でしょう。

 

よくありがちな間取りとして、家の中央に玄関があり、玄関の先はホールになっており、そこから階段で2階に上がれる間取りです。

これの何が問題かというと、子供などが学校から帰ってきた際に自分の部屋に直行してしまう点でしょう。

家の人も子供が帰ってきたのかどうか分からなかったり、知らぬ間に友人などを家に上げていることもあるでしょう。

その点リビング階段にすると、2階に上がるためには人のいるリビングを通らなくてはなりません。

これにより、自然と子供が家の人と顔を合わせることになりますし、親の知らない間に友人などを部屋に上げているなどといったことがなくなります。

家の人と顔を合わせることで、自然と「ただいま」「おかえり」といった会話も生まれ、コミュニケーションが取れるメリットがあります。

 

ただし、リビング階段にすると階段が吹き抜けと同じ役割を果たして熱が逃げてしまいます。

夏は良いでしょうが、冬場は暖房効率が落ちてしまうので、注意が必要です。

 

「リビング階段」ではなく「家の奥・隠し階段」

リビング階段はメリットもある一方、暖房効率の問題もあります。

まれに2階に上がる階段部分にドアをつけている間取りも見ますが、僕はあまり好きではありません。

ドアをあけるといきなり階段なので、個人的にはちょっと格好悪いなという印象を受けます。

 

そこで、リビング階段に代わる提案があります。

それは「家の奥・隠し階段」です。

映画「隠し剣 鬼の爪」を思わせるネーミングです(笑)

 

もちろんこんな言葉はありません。僕が作りました。

 

階段をリビングや和室など、人がいる場所を通った先に配置するのです。

リビング内には置かないので暖房効率に影響もしません。

隠し階段としたのは、お客さんなどリビングに来た人からは見えない階段だからです。

浴室・トイレ・洗面室などはあまり、お客さんには見られたくないですし、お客さんが来ている際も会わずに使用したい場合もありますよね。

そうしたエリアに階段を設置すると隠し階段は簡単に作れます。

 

中央階段のメリット

階段を家の中央に配置するとメリットがあります。

それは外壁に接する箇所を部屋に割り振れることです。

部屋には窓が必要ですが、階段を外壁に接する箇所に設置すると、その分、窓を取れる部屋が少なくなってしまいます。

 

階段は滞在する場所ではないので、照明を設置すれば窓がなくても問題ないです。

どうしても自然光が欲しいのであれば、天窓などを設置すれば自然光を取り入れられます。

我が家でも天窓を検討しましたが、ソーラーを設置できる面積が減るのでやめました。

 

我が家の2階には子供部屋2部屋、主寝室、ウォークインクローゼット、セカンドリビング、僕の書斎、妻のプライベートルーム、トイレ、洗面室を設置しましたが、階段を中央に設置しなければ、これだけの部屋に窓を設置することは難しかったでしょう。

事実、ハウスメーカーの営業担当にはこの面積ではこれだけの部屋を設置するのは難しいですと言われましたが、自分で三スケ(三角スケール)を使用して間取りを書き直した結果、ハウスメーカーが無理だと言った間取りを実現できたのです。

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


 

失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



住まいランキング

 

 

 

-セキスイハイム, リビング, 家・間取り, 注文住宅, 階段
-, , ,

Copyright© 失敗しない理想の家づくり , 2020 All Rights Reserved.