セキスイハイム 家・間取り 注文住宅

アレルギー体質改善!セキスイハイム快適エアリーで原因となるカビ・ダニ対策

bedrck / Pixabay

 

 

 

はじめに

日本人の3割が何らかのアレルギー体質だと言われています。

原因は埃やダニなどのハウスダスト、花粉、カビ、化学物質など様々です。

夕方学校・仕事から帰って、食事・入浴・睡眠をとり、翌朝学校・仕事に行くまでのおよそ8時間から12時間という1日の間の3分の1~2分の1の時間を家で過ごしています。

このように家の中にいる時間が長いということは家の中の環境の差によって、アレルギー体質が悪化するか改善するかが決まると言っても過言ではありません。

この記事ではアレルギー原因の代表格であるカビ・ダニを軽減させる方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

カビ・ダニの悪影響

家の中のジメジメが続くと・・・

家の中のジメジメが続くと色々な問題が発生します。

 

・食品が傷む

食べ物が傷みやすくなりますし、カビも生えやすくなります。

 

・健康被害

喘息、アトピー性皮膚炎、鼻炎、アレルギーなどになる可能性があります。

 

・家の寿命が縮む

結露により木材などが腐ったりして家の寿命が縮む可能性があります。

 

・黒カビ発生

お風呂や玄関タイルなど様々な場所に黒カビが発生して掃除が大変になります。

 

カビ・ダニは家のこんなところに潜んでいます!

➀浴室

浴室はどのご家庭でもカビに悩まされているのではないでしょうか。

浴室はカビが大好きな湿気や汚れがいっぱいですから、こまめに掃除しないとパッキンや天井の隅などに黒カビが発生してしまいます。

 

➁脱衣室

脱衣室も浴室と同様に湿気がこもりやすい場所ですから、カビが発生しやすい場所です。

特に洗濯物を脱衣室で干している場合などは湿気がとても溜まりますから要注意。

 

➂洗濯機

洗濯槽の裏側を見たことがありますか?洗濯槽の裏側はカビが発生しやすい場所です。

カビだらけの洗濯機で洗濯物をすると、洗った服はカビが付着しています。

 

④洗面台

洗面台の収納部分は閉めっぱなしになりがちなので、要注意です。

洗面台上部の備え付けの収納に歯ブラシやコップを入れているとカビが発生しやすいですし、洗面台下部の収納も湿気が溜まりやすいです。

 

⑤トイレ

最近の便器は水タンクが見えないタイプもありますが、水タンクの内部はカビが発生しやすい箇所です。

 

⑥キッチン

システムキッチンのシンクの上は比較的目が届きやすいですが、シンク下の収納などは湿気がこもりやすく、カビが発生しやすいポイントです。

 

⑦玄関

玄関のタイルの溝が黒ずんでいることはありませんか?あれは濡れているのではなく、黒カビです。また、下駄箱内部は湿気がこもりやすいので要注意です。特に1日履いた後の靴はコップ1杯分の汗を吸っていたりしますから、そのまま下駄箱にしまえばカビの温床になります。

 

⑧リビング

リビングに置いてあるソファの下や壁にくっつけて設置してある場合のソファ背面などはカビ・ダニが発生している場合があります。

 

⑨窓

冬場に窓が結露しているご家庭も多いのではないでしょうか?

結露が発生していると、窓のパッキンや、窓に触れて濡れたカーテンなどにカビが発生する原因になります。窓周辺の木材も結露で濡れたままになると、やがて腐ってきます。

 

⑩和室

畳の下にカビ・ダニが発生している場合も。畳をめくってみてください。

 

⑪階段下収納

階段下収納は奥にしまった物にカビが発生していることも。

 

⑫寝室

人が寝ている間の汗が寝具に染み込んで、カビの原因になります。

 

⑬クローゼット

奥の方にしまわれているシーズンオフの衣類には、カビ・ダニが潜んでいることがあります。

 

⑭エアコン

上記図面にエアコンはありませんが、エアコン内部で大量のカビが発生していることも。エアコンでカビを部屋中にまき散らすことになります。

 

⑮上記図面に子供部屋はありませんが、子供部屋のぬいぐるみなどの布製おもちゃにはダニが潜んでいるかも。

 

湿度40%~60%の環境はカビ・ダニにとっては不快!

アレルギー原因の多くを占めるカビ・ダニが苦手な環境ってご存知でしょうか?

実は我々人間にとって快適な湿度40~60%の環境がカビ・ダニにとっては不快なのです。

梅雨時期や、洗濯物を部屋干しした際の部屋の湿度はあっという間に60%を超えてしまいます。

広い家全体を隅々まで除湿器だけで除湿することには限界がありますし、何より我々の体感では湿度は分かりません。

 

梅雨のジメジメも解消してサラっと快適

セキスイハイムの快適エアリーを使用すると、家の中は1日中快適な湿度を保つことができます。

上記グラフをご覧いただくと分かりますが、外の湿度が90%のときでも、家の中の湿度は1日を通して40%~60%を保っています。

この40%~60%の湿度は前述したとおり人間には快適な湿度ですが、カビ・ダニにとっては不快な環境で、自然とカビ・ダニが減っていくのです。

 

湿気を停滞させないために

湿った空気が停滞すると、カビ・ダニの原因になります。

リビングやダイニングなど人がいる時間が長い部屋だけではなく、家中の空気を回して湿気を停滞させない工夫が必要です。

 

野暮だねえ、エアコンで風鈴を鳴らすのかい。

我が家の湿気を停滞させないための工夫を紹介する前に1冊本の紹介をします。

増田奏著『住まいの解剖図鑑』からの引用です。

 

チリンチリーン。どこからともなく聞こえてくる風鈴の音- 。

夏の日中、わずかにそよいだ風が小さなガラスを触れ合わせるとき、私たちの心は涼やかに癒されます。

軒先から流れ込む自然の微風がそっと肌をなでていく刹那は、ともすれば現代における最高の贅沢かもしれません。

なにしろ、いまどきの住宅を流れている風は、窓を閉めきった室内で運転しているエアコンの風なのですから… … 。

人間が暑い・寒いと感じる温度のことを「体感温度」といいます。

これは、室温だけでなく、湿度、気流、幅射、着衣などさまざまな要素が影響します。

なかでも、湿度と気流の風速が大きく影響しますが、住宅のなかでこの二つの調整を引き受けているのが、「風通し」です。

「室内に風を通す」。これも大切な設計項目の一つなのです。

 

我が家の間取りを作る際にはこの書籍で引用した空気の動きを考えて間取り作成をしました。

詳細については、次の項目で説明します。

 

サーキュレーションプランなら窓を開けなくても風は動きます。

サーキュレーションプランって聞いたことありますか?

サーキュレーションプランとは行き止まりがなく回遊性がある間取りのことを言います。

上記図面は我が家の間取り図ですが、赤色の矢印で作った円をご覧ください。

家の中心にある階段をぐるっと回れるようになっています。

このように人が動くことによって空気も動きますから、湿気が停滞することもないのです。

湿気が停滞せずに家の中の空気が動いていれば、湿気の停滞によるカビやダニの発生を抑制できます。

 

家の間取りを作る際に普段使わない和室などを家の片隅に配置すると、普段人が歩かないために空気が滞りがちになりますから、空気の流れを考えれば、和室も他の部屋との通路を兼ねるような間取りにすると良いと思います。

 

換気はとても重要だけど、窓を開けると...

湿度が高い時期、窓を開けてしまうと家の中の快適な空気に外のジメジメ空気が流れ込んでしまいます。

ジメジメはカビ・ダニが好む環境でしたよね?

でも、換気をしないと空気がよどんでしまいます。

セキスイハイムの快適エアリーは給気と排気を自動で行う第1種システム換気ですので、窓を開けなくても自動で外の新鮮な空気を家の中に入れて、家の中の汚れた空気を外に排出してくれます。

しかも換気扇や給気口だけの第3種換気とは違い、快適エアリーはその過程で床下にある換気ユニットに3層フィルターを搭載しており、様々な有害物質を除去してくれるのです。

これで窓を開けなくても、外の新鮮な空気を家の中に循環させることができるのです。

 

ダニの住処になるホコリと湿気が溜まりにくい

上記図面は我が家の間取り図ですが、オレンジ色の丸で囲った部分に快適エアリーの吹出し口があります。

ここから24時間換気をしているので、常に快適な湿度に除湿してくれるのです。

 

また、快適エアリーの給気口にはフィルターが設置してあり、埃をキャッチしてくれます。

ダニは埃の中にたくさん潜んでいますから、埃が溜まりにくいのも快適エアリーの良いところです。

 

上記平面図の南側の赤色の四角で囲った部分はサンルームになっており、我が家ではここに洗濯物を部屋干ししています。

部屋干しをすると室内がジメジメするかと心配になるかもしれませんが、快適エアリーの除湿効果と空気対流性能は素晴らしく、朝干した厚手のバスタオルが夕方にはカラカラに乾いています。

 

 

部屋干しの詳細については、当ブログ記事『部屋干しならセキスイハイム☆快適エアリー除湿で洗濯物の生乾き対策』をご覧ください。

また、24時間快適エアリーを使用して電気代が心配になる方がいらっしゃるかもしれませんが、電気代もそんなにかかりません。詳しくは当ブログ記事『快適エアリーの電気代は夏・冬が高い?セキスイハイムの冷暖房効果』をご覧ください。

 

セキスイハイムで家を建てるなら快適エアリーは設置すべし

セキスイハイムで家を建てるなら快適エアリーは絶対に設置することをお勧めします。

快適エアリーはただの第1種換気システムなだけではなく、除湿器、空気清浄機、エアコンの機能を兼ね備え、それを一元管理するシステムです。

 

快適エアリーを設置したおかげで我が家は、春の花粉症シーズンは家に入れば花粉症の症状が和らぎ、梅雨時期に部屋干しをしてもジメジメせず、夏は涼しく、冬は暖かい快適な生活を送ることができています。

 

稀にセキスイハイムで家を建てて快適エアリーを設置せずに、換気扇と給気口だけの換気の家がありますが、はっきり言ってもったいないです。

快適エアリーを設置しないのであれば、セキスイハイムではなく、他のハウスメーカーで建てた方が良いでしょう。

 

まとめ

まず初めに、アレルギー体質を改善するには、1日の3分の1~2分の1の時間を過ごす家の中で、アレルギーの原因となるカビ・ダニなどの有害物質を減らす必要があるという話をしました。

 

次に、カビ・ダニの人体や家への悪影響例と、家の中のどこにカビ・ダニが発生しやすいかをお伝えしました。

 

次に、人間にとっては快適な湿度40%~60%の環境がカビ・ダニにとっては不快な環境であるという話をして、セキスイハイムの快適エアリーであれば、梅雨時期であっても1日中40%~60%の快適な湿度をキープできるという話をしました。

 

次に、書籍の引用をした上で、湿気を停滞させないために空気を動かす重要性と、窓をあけなくても空気が動くサーキュレーションプランについて説明をしました。

 

次に、我が家の平面図を示しながら、快適エアリーの換気口が家のいたる所にあり、カビ・ダニの発生の原因となる湿気と埃を減らしてくれるという話をしました。

 

そして最後に、セキスイハイムで家を建てるのであれば快適エアリーを設置した方が良い、快適エアリーを設置しないくらいであれば、他のハウスメーカーを選んだ方が良いという話をしました。

 

セキスイハイムの快適エアリーは本当に快適です。

是非セキスイハイムで家を建てる際には快適エアリーを設置して、快適な生活を送ってください。

 

セキスイハイムで新築注文住宅から10%の値引きして安く建てる方法

セキスイハイムの注文住宅を少しでも安く建てたい

これからセキスイハイムで家を新築するのであれば、少しでも安く建てたいですよね?

セキスイハイムの坪単価は一般的な工務店などに比べると高めですから、いくらでも安く建てたいところです。

この見積書は我が家をセキスイハイムで新築した際の見積書ですが、1100万円以上の値引きに成功しています。

セキスハイムは値引き交渉をしないで建てると高いですが、『セキスイハイムから1100万円の値引きに成功した見積もり公開&価格交渉方法と紹介割引』で紹介したように、値引き交渉や様々な割引制度を使えば、数百万円の値引きができますから、是非少しでも値引きをしてもらってください。

僕が実践した「セキスイハイム値引き方法」の詳細はこちらから>>

 

セキスイハイムの割引の中でもっとも確実な値引き方法「オーナー紹介割引」

数あるセキスイハイムの値引き方法の中でも「オーナー紹介割引」は確実で大幅な値引きが期待できる値引き方法です。

 

もし、これから家づくりを検討されているのであれば、「オーナー紹介」を受けていて損はありません。

 

もちろん!セキスイハイムからの提案が気に入らなかったり、他のハウスメーカーの方がよければ、「オーナー紹介」の後であってもセキスイハイムの提案を断ってもらって大丈夫です。

 

ネットで知り合った人の紹介でも大丈夫かと心配になる方もいるかもしれませんが、問題ありません。

 

実際にこのブログ記事を読んでいただいて、お問い合わせしてくれた方を紹介したところ10%値引きになりました。

 

自分で値引き交渉するのが煩わしい・苦手と感じている方も、このオーナー紹介による値引き方法なら僕からセキスイハイムに紹介するだけですから、気軽に利用できます。

 

北海道から九州までどこで建てる場合でも値引きOKとのことだったので、オーナー紹介割引で家を建てたいという方はこちらまでお問い合わせください。

オーナー紹介をする前の注意事項

当方からの返信はGmailでします。あらかじめ@gmail.comからのメールを受信できるようにしておいてください。

※当方から返信してもエラーで送信できないことがあります。

「.com」を迷惑メールのフィルター設定をしている場合などもご注意ください。

当サイトはSSL通信(暗号化通信)対応ですので、安心してご連絡ください。

 

セキスイハイムの住宅を安く建てる方法ってあるの?

セキスイハイムの住宅は価格が高くて建てられないと思っていませんか?

我が家はセキスイハイムから1100万円もの値引きをして

お得にセキスイハイムで家を建てられました!

『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した㊙価格交渉方法と坪単価』のページに進む


失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方

すべての人がよい家づくりを望み、

すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、

家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

『失敗しない「住宅会社・ハウスメーカー・工務店」の選び方』のページに進む

\この記事はどうでしたか?/

この記事は私が書きました

この記事は「失敗しない理想の家づくり」管理人のHALが企画・執筆をした完全オリジナル記事です。

 

HALプロフィール

2016年にセキスイハイムで60坪の注文住宅を建てる際に、価格交渉で1100万円以上の値引きに成功しました。

これからセキスイハイムで家を建てる方に『セキスイハイムから1100万円の限界値引きに成功した価格交渉方法』などをお伝えします。

 また、間取り・不動産登記・固定資産税・住宅設備など幅広い知識を基に住宅に関する様々な情報をお伝えします。

 保有資格:宅地建物取引士

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を読んで「いいね!」と思ってくれた方は本記事をシェアしてください_(._.)_
あなたの応援がブログ運営の励みになります!!
ブログの更新情報はTwitterでアップしています。

Twitterアカウント
https://twitter.com/office_hal

☟クリックしてね(^^)/

参加中ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

失敗しない理想の家づくり - にほんブログ村



住まいランキング

 

\この記事はどうでしたか?/

-セキスイハイム, 家・間取り, 注文住宅
-, , ,

© 2020 HALの『失敗しない理想の家づくり』